ZBrushでは、ほんの数分で美しい特徴の体積を素早くラフに描くことが可能です。有機的なモデリングで知られるZBrushは、コントロールの効いた表面を作ることに長けています。今日のコンセプトはもちろん明日の自動車の近未来的なラインを作ることにも最適です。


伝統的な手法と似たスカルプトソリューションであるZBrushは粘土で制作する乗り物のモデルをデジタルで作る手法を再現できます。プリミティブ形状から始め、ダイナメッシュは、デザイナーを技術的な制約から解き放ち、体積を切断したり、デザインのリファインなど、正確性をもって行えます。ZBrushには様々なスライスブラシがあり、既存のストロークや、フリーハンドのカーブを使用するかが選べます。他にも、手動でスカルプトブラシを使用し、作業中に自然な”フィーリング”を加えることも可能です。これらのブラシは、PolishブラシやTrimブラシなど、機械的な表面に最適です。


これらのステップから同様の技術を継続して使用することで、形状やディテールのリファインが可能です。他にも、ポリゴンのグループをベースにしたパネル製作ツールが利用できます。これらの機能は、マスクブラシの素早い選択を使用し、均一の厚みや、コントロールの効くベベルを持つ凹凸の目立たないサーフェスを作成できます。ここから、すべてのサーフェスはZBrush側に認識され、ほぼすべての機能がこのパネルの範囲に影響を与えられます。

モデルの全体のデザインが決まり次第、仕上げの段階に切り替えることが可能です。ディテールをリファインし、溶接した接続部分やガスケットの再現をし、よりリアルさを加えましょう。様々なアイテムはトリムなどの操作と、シンメトリツールを活用することで非常に簡単になります。例えば、ラジアルシンメトリを活用することでホイールデザインが楽しくなることでしょう!さらにインサートブラシを使用し、一つのスカルプトアイテムを作成したら、モデルの表面にそれら複数を配置することが容易です。例えば、均一に配置されたリベットなどは、単一のブラシストロークで描くことが可能です。

最後のステップとして、ZBrushのターンテーブル機能を使用し、BPRレンダリングエンジンであなたの車の素晴らしいプレゼンテーションを可能にします。ZBrushはHDR画像を使用し、モデルをリアルな環境に持ち込み、画像を解析し、対応するライティングも再現できます。



パネルグループやループ機能の追加により、正確な滑らかな局面を作る操作がほんの数クリックであなたのデザインに沿って制作できるようになりました。自動マスキング機能を使用し、ZBrushはあなたのモデルの表面を解析し、影響するエリアのみを選び、クリックすることで、周りの影響を受けそうな範囲をしっかりと自動的に保護してくれます。

たくさんのアクセサリを作るのは、ZBrushのメッシュ抽出機能を使うことで、造作もありません。シャドーボックスの力を使用し、上、正面、側面のシルエットを使い影のように投影することで体積を作ることが可能です。

モデリング中ブーリアン演算を使用することが好みであれば、ZBrushでは、ダイナメッシュや全てをリメッシュという機能を使用し、減算、加算、交差などが使用できます。それぞれにはアドバンテージがあり、ポリグループの維持を使用し、ZBrushのポリッシュやパネルループ機能と組み合わせられます。

ディテールを作成し、あなたのパーツを完成させるためには、モデルのジオメトリに直接3Dモデルを挿入するIMMブラシが使用可能です。これにより、普段使用するような形状のライブラリを作り、プロジェクトで再利用することが可能となります。2Dの画像編集ソフトを使い、(もしくは、ZBrushのキャンバス自体でも可能です。) アルファ画像を作成し、ステンシルとして活用し、ブラシの先端形状としても使用できます。