Cineware

Cinema 4Dの技術とシームレスな連携を実現。

Cineware

Adobe After Effects

Cinewareは、ネイティブのCinema 4Dファイルをドラッグ&ドロップでAfter Effectsに読み込めるだけでなく、ポストプロ段階で3Dの要素を完全にコントロールできます。Cinema 4Dシーン内の個々のレイヤーやオブジェクトを選択し、修正することができます。After Effects CCで直接、最終レンダリングや個別のパスを作成。After Effects CCでの3Dワークフローは、かつてないほど簡単で、自由度の高いものになりました。

    Cineware

    Unreal

    Cinema 4Dを使用すると、ゲーム、リアルタイムグラフィックス、その他のインタラクティブコンテンツをUnreal Engineで作成する際に使用できる3Dモデルやアニメーションを簡単に作成できます。C4DファイルをUnrealに直接インポートできる簡単で信頼性の高いワークフローです。強力なCineware for Unrealプラグインでは、Cinema 4Dファイルの特定の属性をUnreal Engine内で直接調整できます。また、Datasmithインポートでは、コンピュータに既にインストールされているCinema 4Dを使用して、キャッシュを生成することなく、完全なC4Dシーンを動的にインポートすることができます。

      Cineware

      Adobe Illustrator

      Cineware for Illustratorプラグインを使うと、Adobe Illustratorで直接3Dオブジェクトを追加、編集ができるようになります。ラベルのデザインを3Dのパッケージに適用したり、2Dアートワークに3Dデータをシームレスに組み込むことができます。

        Cineware

        Vectorworks

        Vectorworks®ソフトウェアは、「Cinema 4Dに送信」コマンドを使ってCinema 4Dに直接エクスポートできます。Vectorworksファイルは即座にまとめられ、すべてのネイティブジオメトリ、レイヤー、クラス構造に加え、カメラ、マテリアル、HDRI背景、2D平面オブジェクトが、Cinema 4Dに読み込まれます。ここから、洗練されたフォトリアリスティックなイメージやアニメーション、建築物のレンダリングを作成したり、Sketch & Toonレンダリングエンジンのアーティスティックな手描きのスタイルを利用することができます。

          Cineware

          ArchiCAD

          Cineware for ArchiCADは、高い評価を得ているCinema 4Dのハイエンドレンダリングエンジンを、市場をリードするAECアプリケーションの1つに統合し、ユーザーが説得力のあるレンダリングを迅速かつ快適に作成できるようにしています。ビジュアライゼーションをワンランク上げたいと考えている建築家やエンジニアにとって、Cinema 4Dは理想的なチョイスです。シームレスな統合により、CADモデルをCinema 4Dに直接エクスポートでき、すばらしく壮大なビジュアライゼーションやアニメーションを作成するためのほぼ無限の可能性を秘めています。

            Cineware

            Allplan

            Cineware for Allplanは、人気の3D建築アプリケーションで作成した仕事をCinema 4Dに読み込み、フォトリアリスティックなイメージや息を呑むようなアニメーションをレンダリングすることができます。Cinema 4Dのアセットブラウザを使用して、日常生活のあらゆる側面からオブジェクトを使用してシーンに生命を与えたり、包括的なマテリアルライブラリを使用してCinema 4DにインポートされたAllplanのオブジェクトに素早くテクスチャを適用することができます。Cinema 4Dのモデリングツールを使えば、複雑な有機的形状を作成し、完成したら簡単にAllplanにインポートすることもできます。