Cineware for Illustrator

新しいCineware for Illustratorプラグインを使えば、Adobe Illustrator CC 2020で直接3Dオブジェクトを追加や編集が可能になります。たとえば、3Dのパッケージにデザインしたラベルを適用したり、2Dのアートワークに3Dの素材をシームレスに統合したりできます。

どんなCinema 4Dのシーンでも3Dオブジェクトごとに回転、移動、表示/非表示の設定をAdobe Illustrator内で行えます。

カラー、反射、発光、透過、バンプをAdobe Illustrator内で調整できます。さらに、ベクターアートワークを3Dのサーフェイスに適用もできます。

あらかじめ設定された各カメラに切り替えたり、シンプルなナビゲーションツールで好みのアングルに調整もできます。

ライトのオンオフと色の変更をして雰囲気を変えたり、形状を目立たせることができます。

3Dモデルを提供している最高のオンラインサイトであるTurbsquidと提携し、すぐに始められるように3Dで作られたパッケージを3Dオブジェクトのコレクションをご用意しました。

TURBOSQUIDに行く

Cineware for Illustratorは、直感的でプロ向けの3DアプリケーションであるCinema 4Dと同じ強力な3Dエンジンを使っています。Cinema 4Dがあれば、.c4dファイルを読み込んで、自分自身で高度なモデリング、マテリアルやアニメーションの設定が行えます。

Cineware for Illustratorは、クリエイティブ作業にとってなくてはならない存在になって行きますが、それにはあなたからのフィードバックが欠かせません。このプラグインがあなたのワークフローにとってより価値のあるものにする方法を教えてください。

macOS版 と Windows 10版があります。

Illustratorを使えば、プロダクトのビジュアライゼーションのブラシュアップや再現から、3Dオブジェクトを下絵に絵を描いたり、2Dと3Dを組み合わせたアートワークを作成とこれまでにない革新的なデザインが行えます。

デザインの意図をよりわかりやすく。Illustratorのアートワークを3Dオブジェクトに直接ドラッグすれば、印刷したパッケージのラベルがどんな状態になるか確認できます。満足がいくまでその場で確認ができるので、シームレスにデザインとビジュアライゼーションが行えます。

Illustratorのメニューのファイル/配置...コマンドから、.c4dファイルを.aiファイルに追加します。もしくは、ファイル/開く...コマンドで新規Illsutratorファイルに3Dアートワークを追加できます。

Illustratorアートワークを3Dオブジェクトに適用するには、シンプルにドラッグ&ドロップするだけです。コンテンツにあわせて、アートワークやカメラアングル、マテリアル、オブジェクトを調整できます。

3Dオブジェクトやシーンを読み込んで、Illsutratorのアートワークの下絵にもできます。オブジェクトのアングル変えたり、画角を簡単に変更できます。パースを付けたイラストもかつてないほど簡単に描けます。

ベクターデータと3D素材を組み合わせたアートワークの作成も簡単です。オブジェクトをマスクして後ろにベクターアートを置いたり、3Dオブジェクトとの間にはさんだりもできます。さらに自由なデザインが行えます。

Alphaを選べば背景のマスクの作成が自動で行えるので、ベクターアートの上に重ねられます。

3Dオブジェクトの分離にオブジェクトマスクを使えば、ベクターデータを間に差し込めます。

透明マスクを使えば、3Dレイヤーを切り抜いてアートワーク同士を組み合わせも可能です。

ここにある短いビデオをご覧いただくと、Cineware for Illustratorの基本的な使い方が簡単にマスターできます。2Dのワークフローに3Dを加えることで、デザインの可能性が広がります。