役員

Maxonは、CG業界向けにプロフェッショナルな2Dおよび3Dソリューションを提供しています。当社のダイナミックで情熱的なリーダーシップチームは、世界中のお客様とパートナーに最高のサービスを提供し、刻々と変化するデジタルデザインコミュニティのニーズを先取りし、デジタルコンテンツ制作業界のマーケットリーダーとしてのMaxonの地位を維持するために、会社の運営に取り組んでいます。

David McGavran

最高経営責任者
David McGavranは、2018年7月にMaxonに任命されました。国際的に経験豊富な幹部として、メディア&エンターテインメント業界で幅広い専門知識と幅広いネットワークを兼ね備えており、Adobeで20年間勤めさまざまな役職を歴任してきました。Adobe Systemsでの彼の最後の役職は、プロフェッショナルオーディオおよびビデオ-エンジニアリング・ディレクターでした。Davidは、世界中の放送局、ポストプロダクション、映画編集者たちと一緒に働いた多くの経験を持っています。

Chad Bechert

最高戦略責任者、諮問委員会メンバー
Chadは、2020年1月にMaxonと合併する前のRed GiantのCEOでした。彼は、CEOおよび幹部チームと提携して、会社の全体的な戦略的方向性と文化を推進します。彼は企業をリードし成長させた幅広い経験を持ち、人々に情熱を注いでいます。彼はインディアナ大学で経営学と法学博士を取得しています。大学時代の恋人と結婚しており、3人の子供がいます。

Philip Losch

最高技術責任者
Philipは、1989年に弟のChristianと共に発明したCinema 4Dを支える創造力の一人です。最高技術責任者という新しい役割で、彼は開発のすべてに対して技術面を指導・推進を行います。

Stu Maschwitz

最高クリエイティブ責任者
Stu Maschwitzは、監督、フォトグラファー、作家、視覚効果アーティスト、映画制作ソフトウェアのデザイナーです。CalArtsを卒業したMaschwitzは、インダストリアル・ライト&マジックで4年を過ごした後、伝説のビジュアルエフェクト会社The Orphanageを1999年に共同設立しました。映画制作の技術に関するユニークな能力にもかかわらず、Maschwitzはパフォーマンス、感情、ストーリーに重点を置いています。わかりやすい映画制作のチャンピオンであるMaschwitzは、「The DV Rebel’s Guide: An All-Digital Approach to Making Killer Action Movies on the Cheap」を執筆し、Fountainの脚本形式と脚本アプリSluglineを共同で作成、映画製作と写真のブログのprolost.comも運営しています。

Enrique Glas

最高財務責任者
Enriqueは、多国籍企業(特にシーメンスやマイクロソフトなど)の革新的でペースの速い環境で20年以上の経験を持つシニアファイナンスリーダーであり、変化の推進、パフォーマンス管理、運用効率に関する深い知識を持っています。 最高財務責任者としての役割で、彼はCEOとリーダーシップチームの戦略的グローバルビジネスパートナーであり、価値の創造とパフォーマンスの最適化に焦点を当てています。

Gesa Häfner

最高人事責任者兼ジェネラル・カウンセル
Gesaは、2014年にMaxonに入社し、人事部門および企業弁護士として12年以上の経験を持っています。彼女は世界中の人事、法務、従業員エクスペリエンスを担当しています。 Gesaは、このエキサイティングなグローバリゼーションの時代とMaxonファミリーの大幅な拡大を通じて、会社の人材派遣と雇用のニーズをリードしています。

Garrett Rice

製品管理グローバルヘッドおよび戦略的アライアンス
Garrett は、キャリアのかなりの部分をNeXT社とApple社で過ごし、Apple Protection Plan、Final Cut Pro、Motion、Apertureといった製品の開発に携わってきました。また、AdobeやMicrosoftなどの企業との戦略的提携を管理し、クリエイティブプロフェッショナルやエンタープライズ向けのグローバルマーケティングプログラムを構築しました。Maxonでは、優れた製品を作り、お客様に驚きと喜びを与え、Maxonの提携企業との強い関係を築くことに注力しています。Garrett は、2人のティーンエイジャーと、ちょっと気難しいマクナブ・ドッグに絶えず襲われながら、これらすべてをこなしています。

Paul Babb

最高マーケティング責任者
1998年、PaulはMaxonの米国子会社を設立し、北米および南米市場にCinema 4Dを導入しました。 彼の戦略的計画とマーケティングの専門知識は、Cinema 4Dを無名ツールからデジタルコンテンツ作成用の最も広く使用されている3D製品の1つに押し上げ、3Dモーショングラフィックスのリーダーであることを広めたことで知られています。彼の新しい役割で、彼はグローバルなCinema 4Dコミュニティにサービスとサポートを提供することに焦点を広げます。

Ozlem Zaimoglu Akinbosoye

業務部長
実践的な問題解決者として知られるOzlemは、3つの大陸に住んで働いており、東京大学とアトランタのエモリー大学で学位を取得しています。2019年にMaxonに入社する前は、任天堂ヨーロッパ、欧州中央銀行、ルフトハンザLSGおよびその他の国際機関でさまざまなプロジェクトを管理していました。Maxonでは、Ozlemは専門知識を活用して、会社の管理チームと開発チームの間の橋渡しとして効果的に機能しています。

Nicolas Burtnyk

Redshift CEO
Nicolasは、映画、テレビ、ビデオゲーム、工業デザイン業界向けの3Dツールを専門とする人間とコンピューターのインタラクションの専門家です。 Nicolasのキャリアは、Alias(現オートデスク)の一流の研究グループの一部として始まりました。そこからNicolasはDouble Helix Games(現Amazon Games)のスタジオテクニカルディレクターとしても働きました。この間、ニコラスはスタジオの中央テクノロジーグループを率いて、独自のゲームエンジン、レンダラーおよび関連ツールの2世代の開発を監督しました。