愛と神話と月 image

愛と神話と月 Russ Etheridgeが新作の3Dショートフィルム『アームストロング』について解説

フリーランスのアニメーション監督でありデザイナーでもあるRuss Etheridge は、妻のAyndrilla Singharayと組んで、ヒンドゥー教の神話をベースにした幻想的な映画を制作していた。しかし、物事は常に計画通りに進むとは限らず、振り返ってみると、愛と強さ、そして月が突然消えた時に何が起こるかを描いた10分間の2D/3Dショートフィルム『アームストロング』を完成させたとは信じられませんでした。

Cinema 4D、Photoshop、After Effects、Octaneを使用して、Singharayが脚本と製作を担当したこの短編の制作に約1年を費やしました。2020年の映画祭でアームストロング を上映する計画はコロナウイルスの影響で頓挫し、代わりに5月15日のShort of the Weekでプレミア上映されました。

イギリスのモーショングラフィックス業界で10年近く働いてきたEtheridgeに、彼らの心を揺さぶる不思議な映画の制作プロセスを聞いてみましたので、ご紹介します。

Etheridge: アニメーションを始めたのは、中学時代に友達とゲームを作っていた時だったので、技術的な知識が早くからありました。デジタルアートの学位を持っているので、当時はとても新鮮に感じましたが、振り返ってみると、アニメーションのコースにもっと力を入れていればよかったと思います。個人指導員の一人がロイヤル・カレッジ・オブ・アートの卒業生で、そこで2年間のアニメーションの修士課程を取ることを勧めてくれました。そこではアニメーションの質の高い作品が生まれていたので、とても刺激的でした。

私のコースにいた人たちは皆とても才能があり、業界に入っていったので、大学を出てすぐにフリーランスの仕事を得るための素晴らしい人脈がたくさんありました。しかし、2008年の金融危機に見舞われたときには仕事がありませんでした。大変でしたが、最終的にはMPCに就職し、モーショングラフィックスの世界に入り、ビッグブランドの仕事をしました。それは素晴らしい経験でしたが、プレッシャーが大きかったですね。

ヒロインのメルは同僚のルルドに恋心を抱いており、彼をイメージして作られたオブジェで庭を埋め尽くす。... ルルドたちは栓の穴に吸い込まれていく。

ロンドンでは他にもいくつか仕事をしていましたが、どちらかというとアニメーションをやりたいという気持ちの方が強かったので、大学時代の友人たちが立ち上げたAnimadeに就職しました。それはとても満足のいく仕事で、そこにはクリエイティブなエネルギーが溢れていました。3年後、妻と私は大都会での生活に飽きたので、ロンドンの南にある海岸沿いの素敵な町ブライトンに引っ越し、それ以来フリーランスとして活動しています。

Etheridge: ロイヤル・カレッジ・オブ・アートにいた時に映画を作ったのですが、あまり満足していませんでした。妻が作家なので、共同のストーリーでイギリス映画協会から資金を得ることができました。当時妻は妊娠していたので、子供を産んで家にいて短編の仕事をするのはとても楽なことだと思っていたのですが、とても大変でした。生まれたばかりの赤ちゃんがいると何もできない、そう思っていたことが今となっては笑い話です。

Etheridge: 何ヶ月もかけてストーリーを練り上げ、彼女がメインの脚本を務めました。彼女に概要を伝えて、私の頭に浮かんだのは、80年代のインドのテレビ番組「Mahabharat」だと伝えました。それはとても大げさで、神々がその力を使って善を行うというものです。それをどうにかして表現したかったんです。ただmヒンドゥー教の映画にはしたくなかったのですが、月が盗まれるという神話があり、それが好きなんです。月が消えるのを見た地球上の人々が、それが彼らの生活や重力などにどのような影響を与えているのかを描くことは、とてもクールなことだと思ったのです。

Ayndrillaは当時、女性の慈善団体で働いていましたが、この短編には女性の社会的地位の向上の意識を盛り込みたいと考えていました。ヒロインのメルが世界を救うと決めていましたが、彼女はルルドという同僚に片思いをしていました。この短編ではロマンスは考えていませんでしたが、ストーリーが進むにつれて、そのアイデアが気に入ってきました。ルルドはメルのことをあまり気にしておらず、いつもポテトチップスを食べているのは、ポテトチップスが大好きな友人に触発されたからでした。月が消えると世界がバラバラになり始め、メルは事態を収拾する強さを見出します。

Etheridge: 私はシンプルなものが好きで、2Dのイラストレーターが多かったAnimadeのイラストレーターに影響を受けています。個人的な作品では、シンプルなキャラクターや形を重視するようになりました。アームストロングでは、すべてがシンプルな幾何学的形状で作られていて、2Dデザインの原則を多く使っていますが、最終的なアニメーションは3Dで作りたかったので、照明をコントロールして月夜の世界に豊かさと深みを加えることができるようにしました。

この未使用スタイルフレームに写っている大鷲は、本編では登場しません。 ... 初期のコンセプトでは、郵便受けから手紙が飛び出す揺れる世界が描かれていました。

Animadeのデザイナーの一人が、Photoshopでランダムな形を描いて、それをキャラクターにするアプローチを以前教えてくれました。私はその気楽なアプローチが気に入ったので、まずスケッチブックにスケッチを描き、After Effectsを使って2Dデザインを行い、それがCinema 4Dのガイドとなりました。C4Dでゼロからキャラクターリグを作りましたが、これは2次元でありながら3D環境では自然に見えるようにする必要があるため、少し考えることが必要でした。

アニメーションのスタイルはシンプルですが、デジタル3Dとしてはかなり型破りです。ストップモーションのように感じるようにステップフレームを使用し、2コマ落としと4コマの組み合わせを使用しました。アニメ用語で言うコマ抜きで、キャラクターが一コマおきに動いたり、四コマおきに動いたりすることを指します。

リグのビデオが こちらからご覧いただけます。

また、腕や脚が曲がったときに尖らせたかったので、脚や腕、関節のデザインをシャープにする必要がありました。これは、従来のキャラクターのバインドではとても難しいことでした。すべてのジョイントとボーンのリグがありますが、上にはスプラインとスイープNurbsがあります。フィルムの手作り感は、デジタルの手作り感があってもいいと思いますが、エッジのあたりがザラザラしているような感じが好きなんです。

Etheridge: 映画が完成したときに応募したいくつかの映画祭では、かなり良い反応を得ていました。しかし、夏の映画祭は全て延期やキャンセルになってしまいました。不確定な時間を待つよりも、映画をオンラインで公開して、制限が緩和された後の映画祭に期待することにしました。

Etheridge: 公開前からクライアントの反応が良かったのは間違いありません。今はデザインや演出の仕事もしていますが、一番好きなのはキャラクターを動かすことです。いくつかのプランを考えていますし、レイの世話もしているので、これからどのようにキャリアが発展していくのか見守っていきたいと思っています。野心的な個人的なプロジェクトに多くの時間を割く機会を得られたことを嬉しく思っています。


Credits:
Director: Russ Etheridge
脚本: Ayndrilla Singharay & Russ Etheridge
プロデューサー: Ayndrilla Singharay & Russ Etheridge
サウンド&音楽: Mutant Jukebox


Author

Meleah Maynardライター/編集者 – ミネアポリス, ミネソタ州