C4Dでプログロックのファンタジー世界を作る image

C4Dでプログロックのファンタジー世界を作る ILLUMINAEの「Blood on Your Hands」のミュージックビデオのメイキングをChris Lavelleが紹介。

ロンドンを拠点に活動するプログレ・ロック・バンドILLUMINAEのデビュー・ミュージック・ビデオ「Blood on Your Hands」では、壮大な映像が流れる。暗い城に向かっていくオープニングから、大聖堂でのクライマックスのモンタージュまで、このビデオはこの曲のシンフォニックなアレンジメントと、喚起的なメロディーを完璧に引き立てている。

モーションデザイナーのChris Lavelle氏が制作と監督をしたこのビデオは、グリーンバックで5時間以上にわたって撮影され、Lavelle氏はCinema 4D、After Effects、 X-Particles、Premiere Proを使用して精巧なセットと世界を構築した。中世の軍隊が岩だらけの風景を切り裂き、周囲のモニュメントが崩壊していく様子や、『インセプション』にインスパイアされた巨大なセットが人間の心のメタファーになっている様子などを想像してほしい。「おそらく強迫観念的だと思います。でも、誰かがどこでビデオを止めても素晴らしい絵になっているのが好きなんです。つなぎの素材というのは好きではありません」とLavelle氏は認める。

Lavelle 氏はグラフィックデザイナーとして何十年も働いてきたが、働いているうちに、サンダーランド大学でマルチメディアとグラフィックデザインの学位を取得するほどモーションデザインへの情熱が高まった。在学中には、「The Turn of the Screw」というミュージックビデオでAdobe Design Achievement Awardを受賞したり、ロイヤル・テレビジョン・ソサエティの地域賞を受賞したりと、彼の多数のトロフィーと賞賛の言葉を受け取った。

彼はMayaでモーションデザインを学んだが、後にCinema 4Dに切り替え今日では、C4D、X-Particle、Octaneをパイプラインで活用して、頭の中から可能な限り早くアイデアをスクリーンに落とし込んでいる。「C4Dは思い通りに実現できます。アイデアが消える前に速く形にできるからです。OctaneとCinemaを一緒に使うと、すぐにフィードバックを得ることができ、必要なものは何でも作ることができるので、それが本当に素早く判断できます」

非常に注目されているにもかかわらず、Lavelle氏はモーションデザインの仕事を趣味と考えている。この考え方は、常に仕事を追いかけるのではなく、自分の運命をある程度コントロールするのに役立っているという。Lavelle氏は、イギリスのバンドKarnatakaのIan Jonesと元ソロアーティストのAgnieszka ŚwitaからなるデュオILLUMINAEとの仕事を気に入っていたが、彼らは彼のクリエイティブなプロセスを尊重し、彼の能力を信頼してくれた。「私がこの仕事を引き受けたのは、彼らがそのような寛容さを与えてくれたからであり、彼らの信頼が私にとって非常に重要だったからです」と彼は語る。

ビデオのコンセプトは、ある種の宗教的な熱狂、つまり人々の判断を覆し、行動に影響を与える狂気に関係している。Lavelleは、大まかなストーリーアークに沿って絵コンテを作成し、バンドに提案した。彼らの考えはアイデアを様々な方向に押し出し、全員が納得してくれた。「私の最初のアイデアは必ずしも最良のアイデアではありませんでした。私の最初のアイデアは必ずしも最良のアイデアではありませんでした」とLavelleは振り返る。

実写の撮影はサンダーランド大学で1日かけて行われ、Lavelle氏はそのメディアセンターを1日使わせてもらった。彼はジョーンズと Świta と一緒に 6 時間のグリーンバック映像を撮影し、用意した絵コンテに合わせて夢のような映像を思い描いていた。「現実ではないはずのものが、かなり気に入っています。心象風景です」と彼は語る。

Lavelle 氏は、After Effects でレンダリングして合成するのではなく、可能な限りCinema 4D でシーンを合成することを好んでいる。例えば、ビデオの中で、水面が天井から Świta に向かって押し下げられているように見えるシュールなショットがそうだ。「グリーンバックの映像を C4D でコンポジットとレンダリングすると、より自然な感じになることがわかりました。私が使用しているツールは、プロセスを経るごとに物語を有機的に改善するのに役立っています」

特に難しかったカットは、タワーから海に落ちた Świta が、カメラが海中に突っ込んで彼女の後を追うシーンだった。このショットでは、歌手は実際に C4D の Cloth and Hair を使って作られたドレスを着た 3D モデルだ。Lavelle氏は、水中を流れるように見えるまでダイナミクスを操作し、モデルから発せられる泡はX-Particleで生成した。

ビデオの中で最も大きなスケールのシーンの1つは、カメラが中世の騎士たちの頭上で銃撃戦を繰り広げているところをカメラが追跡している数秒間のシーンだ。背景には、高さ数百フィートの古典的な像が地面に倒れて崩れ落ちています。Lavelle氏は、戦闘中の騎士を動かし、Sketchfabから購入した像のモデルをボロノイ分割で破壊した。完成までに5日近くかかったにもかかわらず、このシーンは10秒弱しか映っていない。

Lavelle氏のお気に入りのシーンも見ていこう。廊下を這うように歩く Świta の姿が一瞬映っていたが、映像はねじれて視界から消え、別の廊下と別の廊下に切り替わる。廊下の一つには、彼女のバンドメンバーであるジョーンズも映っている。Lavelle氏は、チュートリアルからねじれた廊下のアイデアを得て、C4Dでその効果を再現しました。彼はその映像もC4Dで合成したので、彼女が廊下を這って渡っているように見える。

映像の終盤で、 Świta は赤ら顔の人物で埋め尽くされた暗い寺院の中を陽の光に向かって歩いている。カメラが参拝者の一人を横切ると、顔の部分は太い針金のねじれた塊が現れる。Lavelle 氏にとって、C4D のレイ バウンス効果を利用したこの印象的な外観はトレードマークとなっている。

「これは、すべてのビデオに入れてる私の初期の作品への遊びです」と彼。オブジェクトの内部にレイ バウンスを入れると、スプラインで作成したモデルの内部を跳ね返る光線が発生される。「光線がぐるぐる回って、突然、ワイヤーの彫刻のようなカオスが生まれます。私はこれが大好きで、いつも使っています」

自由なクリエイティブを楽しみながら、他のアーティストとコラボレーションできることは、グラフィックデザインのフルタイムの仕事と並行して、サイドプロジェクトにも興味を持ち続けている重要な要素の一つだ。「伝統的なクライアントからの制約やプレッシャーを受けることなく、クリエイティブなことをしたいと思っています。音楽業界は、一緒に仕事をしている人たちもクリエーターなので、その点では素晴らしいと思います。そして、彼らの貴重な素材を表現するために私を信頼してくれることは、すべてのことに価値をもたらしてくれるのです」


Author

Bryant Frazer ライター/編集者 – Colorado