社歴

MAXON Computerは、主力の3Dモデリング、ペイント、レンダリング、アニメーションソフトウェアのCinema 4Dが最もよく知られているクリエイティブ業界向けの3Dソフトウェアの開発会社です。今日、世界中のユーザーは、Cinema 4Dを使用して最先端の3Dモーショングラフィックス、建築、プロダクトのビジュアライゼーション、ビデオゲームのグラフィックス、イラストレーションなどを作成しています。

MAXONの顧客リストにはABC、Blizzard Entertainment、BMW、BSkyB、CNN、Fox、ITV Creative、MPC、NBC Network、Rhythm & Hues、Siemens VDO、Sony Pictures Imageworks、The Walt Disney Company、Turner Broadcasting 、Vitraなどがあります。

1986年にHarald Egel、Harald Schneider、UweBärtelsによって創立されたMAXONの本社はドイツにあります。MAXONは、米国、英国、カナダの子会社のほか、日本、フランス、シンガポールにコンピテンスセンターも運営しています。さらに、MAXON製品は、世界80カ国以上の150以上の代理店および販売店によって販売およびサポートがされています。

MAXONは2000年の初めに、Nemetschek Groupの一部となりました。サービス開始してから32年後の2018年中頃、MAXONの創業者は経営陣から退陣し、新CEOのDavid McGavranは2018年7月16日に任命されました。

1993年にAmigaプラットフォームで最初に発売されたCinema 4Dは、1996年にMac OSおよびWindows OSでデビューしました。2000年には、革新的な3DペイントアプリケーッションのBodyPaint 3DがスタンドアロンおよびCinema 4Dの一部として登場。また他の3Dアプリケーションとの連携も可能です。Cinema 4Dは20回目のリリースを迎え、強力な機能、堅固な安定性、使いやすさ、高速なワークフローで常に知られてきました。

インテルやアップルなどのハードウェアメーカーとの密接な関係により、新しいテクノロジーに最適化された製品を保証します。Cinema 4Dは、創業以来ほぼ毎年新機能を提供しています。この急速な開発スピードにもかかわらず、製品は優れた安定性を保っています。MAXONの経験豊富で熱心なプログラミングチームは、Cinema 4Dのオリジナルのプログラマーのもとで、新機能は常にパワー、スピード、安定性、使いやすさを確実に守っています。