さらに進化中

新しい重要な機能でProRenderはさらに進化。

ProRenderを使用すると、ほぼすべてのマシンでGPUのパワーを活用し、物理的に正確なレンダリングが行えます。Cinema 4D R20では、どのプロダクションレンダラーにも必要な主要機能が統合されました。

サブサーフェイス・スキャッタリング

美しさは皮膚の表面だけではない - リアルなレンダリングには肌の下で拡散する光を考慮する必要がありますs.使いやすいサブサーフェイス・スキャッタリングシェーダは、リアルな肌やロウソク、大理石などを簡単にレンダリングでできます。

Previous slide
Next slide

モーションブラー

本当の動きは、ブレなしでは表現できません。R20のProRenderは、シンプルなPSRアニメーションのリニアモーションブラーと変形用のサブフレームモーションブラーをサポートしました。サブフレームモーションブラーを使うと、各サブフレームの結果を平均化するため、フレームあたりのくり返し回数が少なくても、高速に高品質なレンダリング結果が得られます。

マルチパスレンダリング

ProRenderの新しいマルチパスワークフローで、コンポジットの能力を開放。標準的なイルミネーションと放出パスに加え、ワールド座標、UVW、法線パス、デプスパスを書き出しできます。さらに、マットを分離するためのマテリアルIDパスやオブジェクトID、コンポジットタグでオブジェクトグループに特定のマットカラーを割り当てられます。各データパスは、合成用途に合わせてアンチエイリアスの有無を選ぶことができます。

easily edit and adjust individual areas of your render
by working with object group id’s

その他の改善点

アウトオブコア・テクスチャ

GPUの空きメモリの制限をなくし、高解像度のテクスチャをグラフィックカードにオンデマンドにストリーミングします。

細かい制御

レンダリングスピードとクオリティの最適化のため、拡散反射、グロッシー、屈折、シャドウデプスを個別にコントロールできます。

シャドウキャッチャー

影を分離することで3Dオブジェクトを映像や静止画に簡単に合成できます。

更に増えた機能のサポート

R20 のProRenderは、MoGraphカラー、フィジカルスカイ、ボロノイベースのノイズのレンダリングが差レポートされました。

Video