インポートは最も簡単な作業に

シームレスかつシンプルに主要なCADフォーマットをインポート

 

クライアントからCADモデルが提供されることはよくありますが、これからは簡単に解決です。Cinema 4D R20は、Solidworks、STEP、Catia、JT、IGESファイルを直接簡単にインポートできます。オブジェクトやスプライン、インスタンス、階層を取り込みできるので、Cinema 4Dで素晴らしいビジュアライゼーションがすぐに始められます。

簡単で、柔軟性と信頼性のあるインポート

インポートは、CADファイルをC4Dにドラッグするだけです。ほとんどの場合、デフォルトの設定で問題ありません。精度やインポート状態をコントロールしたい場合は、オプションを変更することで法線や階層、テッセレーションなどを変えられます。さらに、重要なオプションであれY軸とZ軸を正しい方向に入れ替えるオプションもあります。

Video

スケールベースのテッセレーション

CADフォーマットをCinema 4Dにインポートする際、NURBSデータはテッセレーションを通じてポリゴンに変換されます。R20 には、オブジェクトのサイズに基づいて詳細レベルを調整できる独自のスケールベースのテッセレーション/インターフェイスが用意されています。必要な場所にディテールを加え、小さなナットやボルトで何百万ものポリゴンが無駄にならず、メインモデルがスムーズにできます。

マテリアルワールド

CADファイルのオリジナルの表示色とマテリアルをインポートして、レンダリング作業へのフローをすばやく行ったり、ランダムなマテリアルを割り当て、個々のパーツをすばやく認識できます。

Previous slide
Next slide