Cineware
for Illustrator

 

Add a new dimension to your design
with Cineware for Illustrator

 

デザインに新しい次元を加えよう

Illustratorを使えば、プロダクトのビジュアライゼーションのブラシュアップや再現から、3Dオブジェクトを下絵に絵を描いたり、2Dと3Dを組み合わせたアートワークを作成とこれまでにない革新的なデザインが行えます。

デザインの意図をよりわかりやすく。Illustratorのアートワークを3Dオブジェクトに直接ドラッグすれば、印刷したパッケージのラベルがどんな状態になるか確認できます。満足がいくまでその場で確認ができるので、シームレスにデザインとビジュアライゼーションが行えます。

Illustratorのメニューのファイル/配置...コマンドから、.c4dファイルを.aiファイルに追加します。もしくは、ファイル/開く...コマンドで新規Illsutratorファイルに3Dアートワークを追加できます。

Illustratorアートワークを3Dオブジェクトに適用するには、シンプルにドラッグ&ドロップするだけです。コンテンツにあわせて、アートワークやカメラアングル、マテリアル、オブジェクトを調整できます。

Previous slide
Next slide

3Dオブジェクトやシーンを読み込んで、Illsutratorのアートワークの下絵にもできます。オブジェクトのアングル変えたり、画角を簡単に変更できます。パースを付けたイラストもかつてないほど簡単に描けます。

 

ビデオを見る

Previous slide
Next slide

ベクターデータと3D素材を組み合わせたアートワークの作成も簡単です。オブジェクトをマスクして後ろにベクターアートを置いたり、3Dオブジェクトとの間にはさんだりもできます。さらに自由なデザインが行えます。

Alphaを選べば背景のマスクの作成が自動で行えるので、ベクターアートの上に重ねられます。

3Dオブジェクトの分離にオブジェクトマスクを使えば、ベクターデータを間に差し込めます。

透明マスクを使えば、3Dレイヤーを切り抜いてアートワーク同士を組み合わせも可能です。

Previous slide
Next slide