2.2 Scene Structure Panel(シーン構造パネル)

ここでは、選択したc4dファイルに含まれているオブジェクト、ライト、カメラが確認できます。このエリアは、Cinema 4Dのオブジェクトマネージャが反映されます。

簡単なシーンで説明しましょう。このシーンには、cube(立方体)、sphere(球体)、pyramid(ピラミッド)、2つのライト、2つのカメラがあります。このシーンをIllustratorに読み込むと全てのアイテムが、Scene Structure panelに表示されます。

わかりやすくするために、Cinema 4Dのアイテムはジオメトリ、ライト、カメラの3つのカテゴリに分けられています。パネルの右上のボタンで表示するカテゴリを選択できます。 

名前の横にある目玉アイコンをクリックすると、オブジェクトおよびライトの表示/非表示と、カメラの切り替えが行なえます。

オブジェクトの横にマテリアルスロットがあります。オブジェクトにマテリアルが設定されていない場合、Illustratorのスウォッチでおなじみの「カラーなし」と同じ状態になります。

You also have the ability to store new camera angles. This icon will be enabled only when you are in the camera tab.

You can delete a camera or an applied material by clicking on the trash can icon.

Creating a new camera

2.3 Attributes Panel(属性パネル)

このパネルでは、Cinema 4Dシーンに関係する全て(オブジェクトの回転、ライトの強度、マテリアルの設定)を調整できます。パネルで表示される内容は、Scene Structure Panelで選択しているものにより、自動的に変わります。これは、Cinema 4Dの属性マネージャと同じです。


マテリアルに関する詳しい情報

OBJECT PROPERTIES(オブジェクト属性) (e)

Position(位置):
3D空間におけるオブジェクトを位置を変更します。

Rotation(角度):

オブジェクトを角度を変更します。

Scale(スケール):
オブジェクトをスケールを変更します。

LIGHT PROPERTIES(ライト属性) (f)

Color(カラー):
ライトカラーを設定します。

Intensity(強度):

ライトの強度を設定します。

Shadows(影):

ライトの影をオンオフします。

CAMERA PROPERTIES(CAMERA属性) (g)

Position(位置):
3D空間におけるカメラを位置を変更します。

Rotation(角度):
カメラを角度を変更します。

Physical attributes(フィジカル属性):
Focus distance(フォーカス距離):

ピント位置を設定します。

F-Stop(F値 / 絞り):

絞り1.2は、8よりも被写界深度の効果が強くなります。この効果を使うには、CInema 4Dファイルのレンダリング設定で、被写界深度を有効にしておく必要があります。

Shutter speed(シャッター速度):

シャッターの開放時間を設定します。スローシャッターであればあるほど、モーションブラーの効果が強くなります。

2.4 Materials(マテリアル」)パネル

Cinema 4Dシーンに設定されている全てのマテリアルを表示されます。
Illustratorで適用した全てのマテリアルもここに表示されます。

マテリアルパネル

List View/Icon View:
These two icons change the way the materials are displayed. The icon view displays the thumbnails of the materials side by side with the name of the selected material showing only on the top left. The list views displays the name of the material next to each material thumbnail.

New Material:
Clicking on this icon will create a new default material. A popup will give you the opportunity to name your material. Alternatively you can duplicate a material by dragging it to the “new” icon or selecting the material you want to duplicate and hitting the “new” icon.

You can also create a new material by dragging the artwork straight to the materials panel. A new material will be created with the artwork as a texture in the color channel.

Trash Can:
When a material is selected a trash can icon appears in the bottom right of the panel. Dragging a material into the trash can will delete it from the scene and all objects it is applied to.

Icon View

List View

Icon View

List View

Creating a material by dragging the artwork on the panel