自宅のように快適に

すばらしい3Dの制作は、仕事と情熱ですが、Cinema 4Dは自宅のように快適である必要があります。R21では、ビジュアルの改善、パフォーマンスの向上、有効なワークフローの改善が行われています。

目に優しく
すばやく描画

 

Cinema 4Dは改善されていますが、見える部分でも良くなっています。WindowsとMacで、HiDPI UIによる明瞭なアンチエイリアス表示を実現。高解像度ディスプレイではピクセル数が増えますが、Cinema 4Dのマネージャはこれまで以上にパフォーマンスを向上させるように最適化されています。最新のルックアンドフィールにより、色が改良されたよりモダンなUIも提供されます。

Previous slide
Next slide

よりよいUXを

Cinema 4Dのアップデートされたメニューとデフォルト設定でより快適なクリエイティブライフを。

新しいデフォルト

最も一般的なユーザーの微調整から、デフォルト設定を変更して快適に作業が始められるようにしました。

メニューの見直し

メニューの見直しを行い、コマンドやタグが見つけやすくなりました。コマンダーは最後に検索したワードを覚えているので、機能を見つけやすくなりました。

MAC-OS での改善

macOSでは、Cinema 4Dのメインメニューがメニューバーにでるようになったおかげで作業空間が広くなりました。macOSのダークモードもサポートしたことで、これまで以上に作業に集中できます。HiDPIのサポートのおかけでCinema 4DのインターフェイスはAppleの高解像度ディスプレイではっきりと見ることができます。

Video

辛いUVに
さようなら

Cinema 4D Release 21は、アンチエイリアスと高速化されたTexture / UVビューの改善により、将来行われるUV機能強化の基礎の見直しが行われました。新しいUV変形ツールを使えば、UVポイントとポリゴンを簡単に変形できます。選択UV全体の位置の変更、回転、スケール、シアー、変形を簡単に調整できます。さらなる機能強化として、UVルーラーの表示、UV変形の量子化オプション、UVポイントとエッジのスナップサポートが含まれます。

アセットはお荷物ではありません

Cinema 4Dのプロジェクトで使用しているテクスチャ、オーディオ、Alembic、その他キャッシュなどすべての外部ファイルの収集が簡単になりました。Cinema 4Dのアセットマネージャは、シーンのアセットを見つけ、リンクの修正からファイルの差し替えまで行えます。

カスタムアイコン

オブジェクトマネージャでの管理はこれまで以上に自由になりました。オブジェクトやタグのアイコンのカスタム化やカラー化が可能です。独自の画像をアイコンにしたり、プリセットから選ぶことができます。オブジェクトの表示カラーをそのまま使ったり、別のカスタムカラーに差し替えることでもできます。TDもわかりやすいテンプレートやリグを簡単に作成できます。

変換

Cinema 4Dは常に他のアプリケーションとの連携が簡単です。R21では、Solidworks,STEP,Catia,IGES,JTフォーマットのサポートが改善。ファイルのエクスポート・インポート時に設定ダイアログを開く可動を一般設定で設定できるようになりました。また、インスタンスのインポート時にレンダーインスタンスにするか選択可能で、

テクスチャリンク

Cinema 4D Release 21では、デフォルトでテクスチャをコピーするか、リンクするかをデフォルトで決められるので、テクスチャを設定するたびにダイアログで設定する必要はありません。おかげで、無駄なクリックをする必要がなくなります。