想像してください

これがレンダリングできるように

アーティスティックなイメージを実現する以上に重要なことはありません。Cinema 4D Release 21には、新しいレンダリング技術、新しいノード、ノードワークフローの大幅な改善、ProRenderの継続的な開発により、クリエイティブなゴールを実現します。

Intel Open Image Denoiser

機械学習とIntelのOpen Image Denoiserのおかげで、これまで以上にすばやく優れたレンダリングを実現しましょう。この画期的なテクノロジは、よくあるレンダリングノイズを除去するため、レンダリング完了までのくり返し回数が減らせます。特にこのノイズ除去機能は、ポストエフェクトとして実装されており、Cinema 4Dのフィジカルレンダラー、ProRender、Redshiftそしてサードパーティ製のレンダリングエンジンでも利用可能です。

Previous slide
Next slide

すべての人のためのノード!

Cinema 4D R20で導入された新しいノードベースマテリアルをいかに気に入っているのか、サードパーティ製のレンダリングエンジンで同じインターフェイスを使用したいというご意見をいただきました。Cinema 4D Release 21では、単一のマテリアル内で複数のレンダリングエンジンのノード設定を管理するためのノードスペースが導入されました。最も人気のある外部レンダリングエンジンの多くはすでに新しいAPIを評価して独自のノードスペースを実装を始めています。

新しいフィジカルレンダラーのノード

ノードの2Dの結果をキャッシュできるようになり、ぼかしやシャープネス、エンボス効果を適用できます。セルノードは、ボロノイパターンをよりコントロールできます。マルチレイをトレースノードは、アンビエントオクルージョンやボケた反射、エッジのラウンドなど高度なシェーディング効果を生成できます。

PRO RENDER の改善

WindowsとMacのユーザーは、最新のProRenderの機能強化により、レンダリングにGPUを利用できます。ノードと強力な新しいノードスペースを使用して高度なProRenderマテリアルを作成します。ProRenderには、ボリュームをレンダリングする機能を含む、70を超える独自のマテリアルノードがあります。 新しいマルチパスオプションと、アウトオブコアHDRIスカイもサポートされました。

ドラッグ&ドロップによるノードワークフロー

ノードの複製とポートの順番がドラッグ&ドロップで行えるようになりました。入力と出力のワイヤーも簡単に整理できます。

自分のノードを保護

ノードアセットを暗号化してエクスポートすることで、あなたの作成したノードの中身を見せずにノードを販売したり共有できます。

Video
Video
Previous slide
Next slide

AOV

AOVを使うことで、独自のカスタムパスを作成できます。コンポジットに必要なノード別のパスが作成できます。

Video