Release 21 FAQ

Maxonは、常に実社会に合わせて3Dを開発していますが、実社会のソリューションの一つとして手頃な価格も挙げられます。私たちのソリューションをよりどなたでもご利用できるようする最善の方法としてサブスクリプション価格を設定しました。

 

Cinema 4Dのサブスクリプションには、現在のバージョンのCinema 4DとCineversityのトレーニングおよびプラグインへの完全なアクセスが含まれます。

Redshiftは、基本のCinema 4Dサブスクリプションには含まれません。ただし、Cinema 4DでRedshiftを使用されたいお客様のためにバンドルしたサブスクリプションを用意しています。Redshiftは、Redshift スタンドアロンとRedshiftの他のアプリケーションとの連携ユーザー向けには、引き続き別途販売されます。

Cinema 4Dの体験版は、Cinema 4Dと完全に同一です。- 14日間制限なくご使用いただけます。ダウンロードしてすぐに学ぶことができ、Cinema 4Dサブスクリプションのアクティベーションも(別のダウンロードもなく)すぐに行なえます。

私たちは、Cinema 4Dのすべてを体験していただき、そのままCinema 4Dサブスクリプションへ簡単に切り替えしていただきたいと考えています。Cinema 4Dは、高額な初期費用は不要で、低価格な月払いも用意されています。3Dを学んだ経験をそのまま継続して制作を行い、いつでも制作した3Dをシェアすることが可能です。

Maxonは、Cinema 4Dを1つのバージョンにしてそれに集中することで、コンテンツ制作に必要な最高の3Dソリューションを提供することに決めました。異なる5つのバージョンのCinema 4Dを維持する開発やメンテナンスを省くことでワークフローに直接影響を与える改善や機能にリソースを集中できます。さらに、これまで似た機能の複数のグレードの存在は、お客様がCinema 4Dのどのグレードを購入したらよいか、購入前に判断するのは非常に難しいものでした。

BodyPaint 3D、Cinema 4D Prime、 Broadcast、Visualize、Studioの各グレードは、2019年9月1日から販売されません。BodyPaint 3DおよびCinema 4Dの各グレードのすべての機能は、Cinema 4D R21に含まれており、今後も開発は継続されます。もし、現在BodyPaint 3D、Cinema 4D Prime、 Broadcast、Visualize、StudioのMSAの契約期間が2019年9月1日まで有効な場合、Cinema 4D R21の永続ライセンスを受け取る権利があります。現在のMSAの有効期限が切れる前であればいつでも現在のグレードに近い価格に値引きされた2年間のサブスクリプションが購入できます。

Cinema 4D Studio R20とR21の永続ライセンスは、現在のStudio R20とほぼ同等の価格で提供されます。MSAは販売されないため、永続ライセンスにはサブスクリプションの特典(Cineversityおよびアップグレード)は含まれません。永続ライセンスはサブスクリプションと同じアクティベーションシステムによって管理されるため、永続ライセンスでもコンピュータの変更は可能です。

Cinema 4Dの永続ライセンスを所有している場合は、Cinema 4Dのサブスクリプション価格が値引きされます。また、R21永続ライセンスへアップグレードもできます。将来のCinema 4Dのアップグレードの中には、サブスクリプション契約を結んでいるお客様だけが利用できるものもありますが、アップグレード価格で永続ライセンスとして利用できるものもあります。 各アップグレードの具体的なタイミングと価格はまだ決まっておりません。

新規のMaxonサービス契約は、2019年7月30日で販売終了になりました。現在ご契約されているMaxonサービス契約が2019年10月31日までに契約終了される方の更新については、2019年8月31日まで申込可能です。

9月1日以降も有効なMSAがある方は、Cinema 4D R21永続ライセンスが9月上旬に提供されます。Cinema 4Dサブスクリプションには、Maxonサービス契約の契約期間終了前なら変更可能です。契約期間中にサブスクリプションに変更される場合は、契約されているMaxonサービス契約に沿って値引きされます。

Redshiftは、Cinema 4Dと素晴らしい連携が行え、これから更に良くなっていきます。Cinema 4Dサブスクリプションを新規購入されたり、既存のライセンスをサブスクリプションに変更する際に、Redshiftの資格をバンドルするオプションがあります。ただし、こちらはRedshift スタンドアロンや他のDCCツールと組み合わせて使えません。永続ライセンスをお使いの場合や特別な事情がある場合は、Redshiftをredshift3d.comから直接ご注文されるかRedshiftの認定代理店までお問い合わせください。

Cinema 4D R20とMaxonサービス契約に加入されている場合、8月中であればMSAを更新できます。更新されると9月にR21の永続ライセンスの資格が得られ、サブスクリプションへは変更は値引きが適用されます。

ご心配いりません。最近の購入されたCinema 4D R20の永続ライセンスを含め、これには有効期限ありません。また、最近MSAを購入または更新した場合は、9月にCinema 4D R21の永続ライセンスを受け取ることになります。 また、サブスクリプションに変更して、サブスクリプションの特典を得たり、新しい低価格のサブスクリプションライセンスの追加もできます。

Maxonサービス契約は、あなたのMSA契約の期間内であれば、あなたには永続ライセンスに対する新しいリリースの権利を与えられています。 ただし、サブスクリプションのみの提供されるリリースへのアクセスは含まれません。

いいえ適用されません。ただし、期間限定ライセンスの値引きは、新規永続ライセンスには適用されます。

Cinema 4Dのサブスクリプションは、素晴らしい価値で提供しているつもりですので、キャンセルされずに是非継続をお願いします。ただ、経済的な状況や業務内容の変更するによって、あなたの作品にアクセスする能力を失うことになるという重大な懸念があることを我々は認識しています。あなたは一ヶ月のサブスクリプションの購入することで、いつでもあなたのシーンにアクセスして変更することが可能です。さらに、サブスクリプションの状況にかかわらず、Cinema 4Dのシーンの読み込みとレンダリングを可能にする多数のMaxonのパートナーがいます。

Maxon サブスクリプションを開始する最も簡単で簡単な方法は、Maxon Shopでクレジットカードを使用することです。すぐにCinema 4Dにアクセスできるようになり、キャンセルしない限りサブスクリプションは自動的に更新されるので、最新リリースへの継続的なアクセスが保証されます。

もし、銀行振込、電信送金、請求書で購入する必要がある場合は、最低1年間のサブスクリプションを確約し、Maxonの営業担当者または公認のMaxon販売代理店/販売店から購入する必要があります。

ライセンスに関するFAQ

初めてCinema 4Dを起動したとき、MyMaxonアカウントでサインインします(または、GoogleまたはFacebookの認証情報を使用してサインインします)。Cinema 4Dは現在のコンピュータで所有するライセンスでの利用がすぐに有効化されます。別のコンピュータでCinema 4Dを使用するには、C4D License ManagerまたはMyMaxonカスタマーポータルから、既存のコンピュータを無効化にする必要があります。

When you launch Cinema 4D for the first time, you’ll sign in with your MyMaxon account (or use your Google, or Facebook credentials to sign in). Cinema 4D will be activated immediately for use with your license on the current computer. To use Cinema 4D on a different computer, you may need to deactivate existing computers via the C4D License Manager or MyMaxon Customer portal.

一つのユーザーアカウントに複数のライセンスの資格を割り当てできます。そのアカウントは、組織内の複数のコンピュータをライセンス認証に使用できます。

あるいは、特別な要件を希望する組織に対しては1ライセンスあたりわずかな追加コストで、MaxonのLicense ServerまたはRLMを使ったフローティングライセンスが利用できます。フローティングライセンスは、サブスクリプション期間は最低1年間になります。フローティングライセンスを購入するには、Maxonの営業担当者までお問い合わせください。

2019年9月3日時点で有効なMaxonサービス契約をされているお客様は、Cinema 4D R21永続ライセンスの資格が自動的に提供されます。Maxon License Severを含んだMSAの契約対象ライセンスは、フローティングの資格が与えられ、新しいMaxon License Severが提供されます。他のすべてのライセンスは、ユーザーベースのライセンス資格が生成され、MSAのファイルに記載されている電子メールアドレスに対して、割り当てられます。 ライセンスタイプを変更する場合は、Maxonの営業担当者または販売代理店にお問い合わせください。

対象となる教育機関には、シングルユーザーライセンスもしくは、Maxon License Serverと組み合わせて利用できるライセンスを、大幅に割引された年間サブスクリプションを導入する資格があります。 このプログラムは2019年秋まで再開されませんが、Maxonは引き続き対象者限定の教育プログラムによる学生への無償ライセンスの提供を継続しますが、このプラグラムは2019年秋まで再開されません。すべての教育ライセンスの資格は、商用や体験版ライセンスと同じアプリケーションをインストールして、同じ機能が使えます。

Cinema 4DとRedshiftの両方の資格は、同じメカニズムで提供されます。Cinema 4DとRedshiftは、どちらも名前に紐付いたサブスクリプションに対して、Maxonアカウントを通すように拡張されています。Maxon License ServerとRLMもサポートしています。なお、バンドルされたRedshiftのサブスクリプションは、Cinema 4Dに統合されたRedshiftでは使用できますが、Redshift Standaloneおよび他のRedshift integrationとは連携しません。

C4D Renderのレンダーパックの資格は、別売のサブスクリプションおよび永続ライセンスとして提供されます。Cinema 4Dのコマンドライン・インターフェイスで、ユーザー名/パスワードを指定するか、ip / ポート番号でMaxon License ServerかRLM serverを指定できます。

現在推し進めているCinema 4Dのモダン化によりAPIの変更が行われており、すべてのプラグインはR21で使用するためには再コンパイルが必要になります。必要な変更はR20の移行時よりも少ない労力ですみます。現在、開発者と共にドキュメント化と変更を促進するために開発者と緊密に協力しています。Cinema 4D Release 21は、シリアル番号の入力が求められなくなったので、開発者によっては、ライセンス体系を変更していただく必要があります。

Maxonアカウントに紐付いているシングルユーザーライセンスでは、初回のアクティベーション時にインターネット接続が必要であり、継続利用についても14日ごとに接続する必要があります。Maxon License Server経由でライセンスされたワークステーションは完全にオフラインにすることが可能です。ただし、Serverは最初のアクティベーションと、ライセンスを更新するために14日ごとにインターネットに接続しなければなりません。 完全にオフラインな状態を希望される場合は、インストールはRLMをご利用ください。

Cinema 4Dのライセンスと価格体系の変更により、R20以前のリリースは提供できません。R21以降のリリースは、Cinema 4Dサブスクリプションで利用可能で、利用可能なライセンスの資格を有効にできます。必要なリリースをMaxonユーザーポータルからダウンロードしてログインするだけです。利用可能な資格が自動的にそのリリースインスタンスに割り当てられます。使用可能なライセンスがない場合は、Maxonユーザーポータル内で現在のライセンス認証を管理できます。なお、注意としてMaxonは3年経過したリリースについては提供を終了するかもしれません。提供終了すると、リリースはMaxonユーザーポータルからダウンロードできなくなり、サポート対象外となります。

MyMaxonアカウントを作成するときは、正しいEメールアドレスを選択するように注意してください。資格が業務用である場合は業務用のEメールを、個人のライセンス用にはプライベートのEメールを使用してください。組織内で複数のライセンスを管理するには、管理者用の電子メールアドレスを使用することをお勧めします。ライセンスを別のメールに変更する場合は、同じドメイン内の異なるEメールアドレスにのみ移行可能で、移行作業は最寄りのMaxonオフィスに連絡することによってのみできます。