すぐにアクション

4つ目の次元は時間、つまりCinema 4Dの基本とも言えます。R21には、シミュレーションでフィールドの活用やフィールドのワークフローの改善、キャラクターアニメーションの改善が実現しました。

フィールドフォース

新しいフィールドフォース・ダイナミクスオブジェクトは、フィールドでダイナミクスフォースをコントロールできます。

Video

フィールドのワークフロー改善

フィールドのチャンネルの混合

フィールド内の値、色、向きを変換して、色や向きに基づいて効果の強さを変更できます。強度または色を使い、新しいフィールドフォースオブジェクトで方向を指定します。

サブフィールドのワークフロー改善

新しい階層表示により、他のフィールドのサブフィールドを簡単に効率よく管理できるようになりました。全体が見えるようになり、メインフィールドリストでサブフィールドが確認できます。

マスクワークフロー

フィールドでエフェクトのかかっている範囲を別のフィールドでマスクできるので、より複雑な結果が得られます。

フィールドで法線の向きを指定

法線タグは、フィールドの調整とフィールドリスト(ターゲットエフェクタやフィールドフォースと共に使用)が持つことができます。(より詳しいフィールドの強化は全機能リストをご覧ください)

Video

MIXAMO コントロールリグ

シンプルなキャラクターアニメーションの変更や調整をよりすばやく、フレキシブルにする方法は必要ですか?新しいリグなら、Adobe Mixamoのモーションキャプチャデータを簡単に変更、調整、合成ができるので、あなたのキャラクターをわずか数分でセットアップして走らせることができます。

ウェイト設定の改善

新しいアルゴリズムと改善されたウェイトマネージャのおかげで、自動ウェイトが更に良くなりました。新しいボリュームモード、ヒートマップモード、ボーングローオプション、新しく改良されたスムージングアルゴリズムを使うことで、キャラクターアニメーションの設定時間が短縮できます。