Real-time

No Time to Wait


If you’re developing assets for augmented reality or simply facing the reality of looming deadlines, you’ll appreciate Cinema 4D’s technology for optimizing and previewing 3D scenes. You can easily simplify projects and prepare assets for export to game engines, and directly output high-quality renders using OpenGL.

ビューポート

作業中でも美しいグラフィックを

被写界深度とスクリーンスペースの反射により、リアルタイムでレンダリング品質が得られるため、ライトの位置の配置や、反射の設定の確認が正確に行えます。

ポリゴンリダクション


Cinema 4Dの新しいポリゴンリダクションツールは、ジェネレータとして動作し、階層下にあるオブジェクトを簡単にリダクションします。リダクションは事前計算され、リダクション強度を変更したり、望む頂点数に調整できます。ポリゴンリダクションは、頂点マップと選択範囲タグ、UV座標は保持するので、テクスチャのマッピングは保持され、ディテールを保持したい部分も制御可能です。

LOD (レベル・オブ・ディテール)
オブジェクト


新しいLODオブジェクトは、ビューポートとレンダリングスピードを最大限に引き上げだけでなく、新しいタイプのアニメーションの制作、ゲーム用のアセット作りを最適化します。スクリーンサイズやカメラからの距離などから、オブジェクトをシンプル化や階層の切り替えが行えます。新しく直感的なインターフェイスにより、LODの設定を管理可能。LODの設定はFBX形式で書き出すことで、主要なゲームンエンジンで使用できます。

Video