MAXON | 3D for the world

トラッキング

現実のワークフロー。現実の映像、現実を超えた映像

 

 

Cinema 4Dのモーショントラッカーを使えば、すばやくシームレスに実写映像に3Dエレメントを追加できます。カメラトラッキングで、3Dオブジェクトを存在する環境に追加したり、オブジェクトトラッキングで、現実のオブジェクトと3Dで制作したものと差し替えることもできます。

カメラトラッキング

リアルワールドへようこそ

仮想3Dエレメントと実写映像を一致させるのは、3D制作では一般的な作業です。見た目をリアルにするために必要なことは、カメラの動きを正確に再構築することです。Cinema 4Dのモーショントラッカーを使えば、すばやくシームレスに実写映像に3Dエレメントを追加できます。実写映像からカメラの動きを3Dで再構成する作業も、ほとんど1クリックでできます。ずれているところがあれば、自動トラッキング調整したり、ユーザトラックを手動で生成したり、マスクの作成もできます。カメラを解析したら、位置や方向、平面コンストレイントを使ってトラックポイントを3Dワールドに合わせます。大変な部分はモーショントラッカーが全て行うので、あなたは3Dコンテンツを追加するだけです。

 

 

Video

オブジェクトトラッキング

オブジェクトトラッキングで、Cinema 4Dで作成したものを実写に合成しましょう。MAXONが次に手がけたのは、だれにでも使いやすいVFXワークフローとツールです。カメラとオブジェクトを動きを解析して、映像を3Dワールドに変換します。トラッキングポイントを2Dユーザートラッカーを追加してオブジェクトラッカーに適用します。オブジェクトの特徴点か参照ジオメトリのガイドを解析します。これで実写に対して3Dオブジェクトをいくつでも合成できます。

 

 

Video

カメラキャリブレータ

撮影された写真に3Dカメラを一致させるには、カメラキャリブレータを使います。画像に合わせてラインやグリッドを配置して、消失点とカメラの焦点距離と向きを計算します。ピンを置いてカメラの位置を解析して、ラインに長さを指定するとシーンのスケールを合わせられます。そして、背景オブジェクトや環境に貼り付けるカメラマップタグを簡単に作成できます。

 

 

Video