MAXON | 3D for the world

テイクシステム

柔軟で簡単なシーン管理

 

 

映画では、編集段階で選択肢を増やすため複数のテイクを撮影します。Cinema 4Dのテイクシステムは、同じような自由度を与え、シーンの複数のバリエーションを一つのファイルに保存できます。合成用に特殊なレンダーパスを簡単に生成できるので、テイクシステムはレンダーレイヤーとしても使えます。テイク内ではほとんどのCinema 4Dの設定(オブジェクトの属性、アニメーション、ライト、カメラ、マテリアル、テクスチャ、カラーバリエーションなど)を修正・保存できます。その可能性の高さをぜひ確かめてください。

1

レンダーレイヤー

複雑な合成も簡単に


複雑な合成作業では、Cinema 4Dのマルチパス/レンダリングシステム以上のカスタムのレンダーパスが必要になります。特別なマットやパスもテイクでオブジェクトの表示やマテリアルを編集することで取得できます。

テイク 1

ビューティーパス

 

 

テイク2

RGBマスク

 

 


2

マテリアルの置き換え

大いなる選択


別のテイクでマテリアルを変更すれば、新しいアイデアを探したり、デザインの反復できます。複数のバリエーションのレンダリングも1クリックで可能です。

テイク 1

テイク 2

テイク 3

[]


3

カメラアングルの変更

複数のアングルを管理


Cinema 4Dのテイクごとに別のカメラを設定できるので、複数のアングルから見たり、最高のアングルを選び編集して合成できます。

テイク 1

カメラ 1

 

 

テイク 2

カメラ 2

 

 

テイク 3

カメラ 3

 

 


4

アニメーションのバリエーション

動きのテスト


各テイクごとにどんな属性のアニメーションのカスタマイズも作成できるので、クライアントやチームにオプションとして提示するためにテストショットを保存しておけます。

テイク 1

テイク 2