MAXON | 3D for the world

パラメトリックモデリング

ほとんどの3Dプロジェクトの最初のステップはオブジェクトの作成。

 

 

パラメトリックモデリングなら、3Dビジュアライゼーションのフレキシブルさをキープできるので、シーンやオブジェクトの変更はいつでもできます。Cinema 4Dが提供する幅広いパラメトリックモデリングオプションを使うことでアーティストは、最後の最後までクライアントの変更に対応できます。

 

 

MoGraphでモデリング

モーションデザインツールもモデリングに活かせる

 

 

Cinema 4DのMoGraphツールは、3D業界では類を見ないツールです。元々はモーションデザインや放送用グラフィックのために作られましたが、あっという間に3Dビジュアライゼーション業界でも定着しました。MoGraphは、シーンに植生や道路のネットワークなどをすばやく簡単に作成できます。MoGrpahを使えばアーティストや建築家は、ビジュアライゼーションをフレキシブルな状態をキープできるので、求める結果になるまで試行錯誤か可能です。MoGraphは、あなたのワークフローを大きく変えます。

 

 

少ないエレメントで複雑なパラメトリックオブジェクトが作成可能:

デフォーマでモデリング

デフォーマを使えば、ジオメトリを壊さずにオブジェクを曲げたり、潰したり、ねじったりできます。デフォーマは、非破壊で使用できるので、複雑なオブジェクトの作成や微調整をいつでもできます。制作途中で変更が求められるようなケースに最適なワークフローです。

 

 

クローナーと屈曲デフォーマでタイヤをモデリング

自分で挑戦してみてください。モデルはコンテツブラウザ: Broadcast: Off Road - Tireに収録されています。

 

 

Previous slide
Next slide

スプラインでモデリング

スプラインは、ラインだけではありません。Cinema 4D内でスプラインとジェネレータを使って複雑な3Dオブジェクトを作成できます。図面からパスを抜き出してジェネレータに入れるだけで3Dオブジェクトができます。属性マネージャで設定を変更して調整ををいつでもできます。

 

 

スプラインを作成

回転を使って形状を作成

その場でスプラインを調整