MAXON | 3D for the world

マテリアルシステム

すばやく柔軟なサーフェイス設定



Cinema 4Dのマテリアルは、整理されたマテリアルチャンネルにより理解しやすく、名前も発光、透過、変位などのチャンネルをクリックして画像やシェーダを読み込み、スライダーで調整するだけです。強力で柔軟なプロシージャルのシェーダは、フォトリアルから非現実的なテクスチャを作成できます。

 

 

簡単に理解でき、管理しやすく、強力で、柔軟

 

 

 

Cinema 4Dのマテリアルは、整理されたマテリアルチャンネルにより理解しやすく、名前も発光、透過、変位などのチャンネルをクリックして画像やシェーダを読み込み、スライダーで調整するだけです。強力で柔軟なプロシージャルのシェーダは、フォトリアルから非現実的なテクスチャを作成できます。

反射チャンネル

Cinema 4Dの反射チャンネルで、複数の反射レイヤを使うことで物理的に正確なマテリアルが作成できます。フレーク塗装や異方性反射のスクラッチ、クリアコートをそれぞれのレイヤを各レイヤの表面の粗さとレイヤの強度調整して合成します。これによりマテリアルは照明している環境に正しく反応します。

 

 

反射レイヤ 1

ベースレイヤ

 

 

反射レイヤ 2

フレーク

 

 

反射レイヤ 3

コーティング

 

 

柔軟なシェーダ

Cinema 4Dの多くのシェーダには、特定の目的のマテリアル・オプション(シャボン玉や油膜などの虹色の光の干渉を再現する薄膜効果や木材やレンガを構成する複数のオプションを持ったプリセット)を提供します。MoGraphとバリエーションシェーダは、個々のオブジェクトに対して個別の色やテクスチャを適用できます。これもCinema 4Dに豊富にある目的別の強力なシェーダのほんの一部です。

 

 

Previous slide
Next slide

無限の可能性

反射にはシェーダレベルでの強力なレイヤオプションがあるので、基本機能の組み合わせだけで複雑でディテールの細かいマテリアルが作成できる無限のオプションがあります。