MAXON | 3D for the world

3Dペイント

アーティストタッチ

 

 

プロシージャルのマテリアルはすばやい結果が得られますが、ディテールの詳細までコントロールはできないため、完璧なピクセルのテクスチャにはかないません。BodyPaint 3DとProjection Manは、ハイクオリティなカスタムテクスチャをブラシで描くことができます。

 

 

BodyPaint 3D

Cinema 4Dには、すべて3Dに最適化されたレイヤやフィルタ、タブレットサポートした環境でテクスチャを完璧コントロールできます。単色だけでなくマテリアルとして設定されたブラシは、1ストロークで10種類のチャンネルに一括ペイントできます。プロジェクションペイントツールは、UVのつなぎ目やシーン内の複数オブジェクトに関係なくペイントできます。

 

 

Projection Man

Projection Manは、デジタルマットペイントや膨大なオブジェクトに対してテクスチャ設定を合理的に行うワークフローです。使い方は初期ペイントを設定して、必要に応じてマットを修正し基準を計算します。ペイントはCinema 4Dに搭載のペイントツールとAdobe Photoshopのどちらでも使え、Cinema 4Dのマテリアルの目的のチャンネルにペイントできます。Projection Manは、ジオメトリに対してリアルタイムで画像が投影できます。