MAXON | 3D for the world

キャラクターアニメーション

ポリゴンに個性を与える

 

Cinema 4Dには、幅広く簡単に使え、信頼できるキャラクターアニメーションツールと各機能は、生き生きとしたキャラクターを生み出し、キャラクターアニメーションを簡単に作成できます。これらの高度な機能は、クォータニオン回転やマウスで動かした位置データを記録するCappuccino、ダイナミクスIKを生成する自動更新など、キャラクターアニメータとリガー向けの効率的なワークフローを提供します。

高度なキャラクターアニメーション

キャラクターアニメータとリガー共に、キャラクターに命を吹き込むためには使いやすく信頼できるツールが必要です。Cinema 4D Primeに含まている機能のほかに、Cinema 4D Studioには、さまざまなプロのキャラクターアニメーションを簡単に作るための機能が追加されています。

 

 

キャラクタコンポーネント

キャラクタコンポーネントは、テクニカルディレクタ用の機能でリグのオブジェクトや階層をコンポーネントとして定義します。これらのコンポーネントは、テンプレートに組み込むことでアーティストはキャラクタオブジェクトとしてオブジェクトを簡単に作成できます。PythonスクリプトなどのCinema 4Dの強力なツールを使って、コンポーネントを作成できます。キャラクターアニメーション以外にもキャラクタコンポーネントは、道路システムや配管生成などにも使えます。ぜひあなたの創造性をこの強力なツールで何を作るか考えてください。

キャラクタオブジェクト

キャラクタオブジェクトは、キスパーとが制作したテンプレートから人型、四足、魚などどんなキャラクタのリグでも簡単に構築できます。自動ミラーリング機能で、リグを対称にできます。リグの調整もメッシュに合わせて、メッシュをキャラクタオブジェクトにドラッグするだkで自動的にウェイト設定とバインドが行えます。セットアップの工程が完了したら、キャラクタオブジェクトのコントローラーを使って動きをつけることができます。

C-Motionを使ったウォークサイクル

CMotionオブジェクトを使えば、キャラクタリグに対してどんなパラメータでもパラメトリックで繰り返しの動きを設定できます。あなたのキャラクタにカスタムのウォークサイクルやプリセットをすばやく簡単に適用して、Fカーブを使いながら必要に合わせて調整できます。スプラインを軌跡のパスとして割り当てて床などの表面に合わせて歩かせることもできます。特殊なデフォーマである最適化されたマッスルシステムは有機的な形状に対して自然な動きをつけることができます。CMotionのステップオブジェクトは、ウォークサイクルを調整にして完璧なものに仕上げてくれます。

ビデオを見る

制御タグ

3Dオブジェクトを連動して自由に動かす

 

基本的な使い方は、微調整モードで連動させることで、オブジェクトをあらかじめ選択せずに動かすことができ、そしてオブジェクトはハイライトします。

ダイナミック代理を使うと、他のオブジェクトのポリゴン選択範囲部分をドラッグすると、インタラクティブに動かせます。これは、キャラクタリグの操作に便利です。制御タグはマウスクリックなどのすべてマウスのアクションをレポートするので、XPressoやC.O.F.F.E.E. 、Pythonを通してオブジェクトを操作できます。

ビデオを見る

ポーズモーフ

キャラクタライブラリを構築


ポーズモーフタグは、モーフやジョイント階層の回転などのキャラクタアニメーションの状態をすばやく簡単に設定して、登録できるので、顔の表情などを作成できます。ジョイントや頂点データ、パラメータ、ユーザデータ、UVW、頂点マップも混合できます。

 

ビデオを見る