MAXON | 3D for the world

編集とコンポジット

Adobe After Effects®

Cinema 4DとAdobe After Effectsとの「ライブ3Dパイプライン」は、最高です。Adobe After Effects CCとなら、Cinema 4Dのプロジェクトをそのままインポートして、Cinewareを使って修正やレンダリングをAfter Effects上でできます。連携はこれだけではありません。Cinema 4Dからレイヤー合成されたマルチパスや3D平面を含んだ状態で、直接Ater Effectsのプロジェクトファイルを書き出すことができます。

  • After Effects CCは、Cinema 4DファイルをCinewareを通じてフッテージのように扱います。
  • Cinema 4DシーンをAfter Effects上で直接レンダリングできます。
  • 同じCinema 4DファイルをAfter Effects と Cinema 4Dで同時に作業できます。
  • コンポジットパスとレイヤー
  • オンデマンドのマルチパスレンダリング
  • マルチパスレンダリングを行いレイヤー合成してAfter Effectsプロジェクトファイルとしてに。
  • Cinema 4DシーンをAfter Effectsで3Dナビゲーション
  • Cinema 4Dのカメラ、ライト、塗るオブジェクトをAfter Effectsに
  • Adobe After Effects CCに含まれているCinema 4D Liteは、3Dコンテンツを作る上で必要な基本機能をすべて備えています。
Video

The Foundry NUKE

Cinema 4Dは、正しいノード構造でNUKEプロジェクトをレンダリングできます。

  • マルチチャンネルEXRをサポート
  • PositionとNurmalパス
  • カメラ、ライト、ジオメトリをFBX経由で転送
Video

Apple
Final Cut Pro & Motion

Cinema 4Dは、マルチレイヤーのFinal Cut Pro 7プロジェクトファイルを数クリックで生成できます。

  • Final Cut Pro 7におけるマルチチャンネルの合成モード
  • ライト、カメラ、オブジェクトの位置情報をMotionに

Blackmagic Design Fusion

Cinema 4Dで、簡単にFusionのコンポジションをレンダリングできます。

  • Cinema 4DのアニメーションをFusionファイルのマルチパスにレンダリング
  • カメラ、ライト、ジオメトリをFBX経由で転送