MAXON | 3D for the world

MoGraph

業界を衝撃を与えましたCinema 4DのMoGraphツールは、Release 18で強力で新しいツールとワークフローの改善を加えた進歩を積み重ねました。

ビデオを見る

ボロノイ分割

非破壊の破壊

新しいボロノイ分割オブジェクトは、壁を壊すことができます。どんなオブジェクトもルールに合わせて分離でき、分離したパーツの分配はプロシージャルにコントロールできます。スプラインやポリゴン、パーティクルを使って、プロシージャルに芸術的なジオメトリを生成できます。ボロノイ分割は、常にリアルタイムなので、エレメントはいつでも変更できます。ネイティブのMoGraphオブジェクトとして、ダイナミクスやエフェクタとシームレスに連携して自由に分解できます。

ビデオを見る

ボロノイポイントの
数と
位置を調整

エフェクタと減衰を使って
影響をコントロール

Video

クローナーの改善

Cinema 4Dのクローナーオブジェクトは、モーショングラフィックスに革命を起こしましたが、私たちはR18で更に良くしました。新しいハニカム配列モードを使えば、簡単にレンガの壁やハニカム構造が作成できます。グリッド配列とハニカム配列は、オブジェクトやスプラインの形状に合わせることができ、クローナー間の距離を固定できるステップ毎のモードとも追加されました。新しいオプションとして、オブジェクトに沿ってクローンを生成する場合、ポリゴンのサイズに合わせる自動スケールの用意されています。

ビデオを見る

交差回避エフェクタ

新しい交差回避エフェクタを使えば、意図しないクローン同士の交差をなくし、クローン同士に隙間を与えます。半径を指定するとクローン同士が押しあったり、重ならないようにスケールしたり、非常時にしたり、指定した軸方向に重ならなくなるまで移動します。

ビデオを見る

RE-EFFECTOR

新しいReEffectorは、MoGraphによる制作を驚くほど柔軟にします。エフェクタの設定をレイヤシステムのように扱えます。これを使うと、エフェクタの効果をMoGraphオブジェクトやエフェクタの初期状態にしたり、エフェクタのグループを一つの減衰でコントロールできるようになります。

ビデオを見る

ウェイト

ウェイトマップをペイントしたり適用することで、MoGraphエフェクタを正確にコントロールできます。新しいMoGraphウェイトペイントブラシは、簡単に加算、減算したりウェイトをスムーズにでき、XPressoノードを使って論理的にウェイトの値を設定できます。

ビデオを見る

キャッシュ

Cinema 4Dファイルを軽くしたり、再生スピードを上げるため使えます。MoGraphキャッシュを外部ファイルとして保存することで、Cinema 4Dファイルをは小さく、履歴保存やファイルの同期もすばやく行えます。複数のキャッシュタグを適用したり、キャッシュごとに強度を指定して合成もできます。

ビデオを見る