MAXON | 3D for the world

モデリング

Cinema 4D Release 18には、オブジェクトをカットする新しい強力なツールとゲーム開発者や他のアプリケーションとの互換性に重要なモデリング機能が含まれています

新しいナイフツール

千切りから角切りまで

Cinema 4D Release 18のすべてが新しくなったインタラクティブなナイフツールは、他のものよりも使いやすいツールに生まれ変わりました。新しいラインカットは、複数のオブジェクトを同時にラインを描きながらカットでき、インタラクティブプレビュを見ながら、カット位置を調整できます。それから新しいエッジを固定したり、パーツを削除や分離することもできます。新しい平面カットツールは、ローカルやワールド、カメラ軸に合わせて新しいエッジを作成したり、指定した平面からオフセットした位置をカットしたりできます。マニュピレータを操作しながらカット位置や角度、カット数を調整できます。ループ/パスカットツールは、ループやパスカットを対称でカットしたり、カット位置をエッジ間の比率だけでなくエッジからの距離でもカットできます。また、カット時に曲率を考慮して新しいエッジを滑らかなカーブにできます。これらの新しい3つのツールは別コマンドになっているので、ショーカットやコマンダーでモードを自由に切り替えられます。

Video

変位のベイク

Release 18の機能である最適化されたレイキャスト・アルゴリズムは、スカルプトの結果を変位と法線マップにベイクすることで、シンプルなジオメトリでアニメーションが作成でき、ディテールの詳細なキャラクターがレンダリングできます。

ベイクしたオブジェクト





スカルプトの細部1

スカルプトの細部2

投影から
UVWを設定

投影からUVWを設定ツールを使うと、複数のオブジェクトのUV座標をすばやく生成や更新したり、設定により階層も考慮できます。