映画でのCinema 4D

カメラでは見ることができない映画の魔法

監督がカットと言った後も、言う前と変わらず重要です。Cinema 4Dには、映画やVFXのためのすばらしいツールがあり、プレビジュアライゼーションのためのすばやいワークフローからトラッキングやデジタルマットのための機能が搭載されています。

一つのパッケージに必要なものをすべて用意

モーショントラッキング

Cinema 4Dに搭載されているモーショントラッキングを使えば、仮想3Dエレメントと実写映像を合成できます。カメラのトラッキングやオブジェクトのトラッキングを行うことで、実際の環境に3Dエレメントを追加できます。専用のアプリケーションとの切り替えはもう必要ありません。作業はCinema 4Dで完結できます。

より詳しく

パイプラインへの組み込み

Cinema 4Dは、業界標準のツールとのすばらしい連携が行えます。Houdini EngineとCinema 4Dとの連携や合成用にマルチパスの再現と3DデータのAdobe After EffectsとNukeへの書き出しなど、VFXへの対応を拡張します。Cinema 4Dの柔軟なPythonとC++ APIを活用すれば、カスタムツールやエフェクトIを作成できるので、あなたのプロダクションパイプラインにCinema 4Dを完全に組み込むことができます。

より詳しく

キャラクタオブジェクト

Cinema 4Dのキャラクタオブジェクトを使えば、複雑なリグのテクニックに時間をとられることなく、アニメーションの表現に集中できます。人型や四足動物、魚など専門家が作成したテンプレートが用意されているので、どんなキャラクタでもカスタマイズしてリグを簡単に構築できます。リグのコンポーネントをキャラクタの体型に合わせ、モデルにスケルトンをバインドすればアニメーションの準備は完了です。

より詳しく

アニメーション

キーフレームの設定は、パラメータの横にあるアニメーションドットをクリックするか、自動キーフレームを使うだけ。アニメーションの微調整も3Dビューの下にあるパラースライダを使ったり、複数開けるタイムラインウインドウで、ドープシートでタイミングやアニメーションカーブを調整できます。モーショントラックを使えば、グループアニメーションをクリップとしてノンリニアで合成できます。Cinema 4Dのすばやいアニメーションシステムは、モーションを簡単に付けられます。

より詳しく

ショーリール

Video