Video

新しいフェイスマッピング - CONNECTED COLORS

東京のWOWは、Cinema 4Dを使って3Dとライブパフォーマンスを組み合わせてすばらしい結果を生み出す

 

2016年はじめ、「Connected Colors」という動く3Dグラフィックとプロジェクションマッピング、ライブパフォーマンスを組み合わせたプロジェクトを、ビジュアルデザインスタジオWOWが制作した。このビデオは、「Experience Amazing」というIntelのグローバル・プロモーションのためのもので、Intelがこのキャンペーンのために、世界中のイノベーターたちへアートワークの制作を依頼。そのアーティストの一人としてフェイスマッピングのプロジェクトを手がけてきた浅井宣通氏が選ばれたのだ。

 

WOWでクリエイティブ・ディレクターとテクニカルディレクターを勤める浅井氏に、今回ライブアクションとCGアニメーションについてお話しを聞いた。「フェイスマッピングは、動いている顔に動画を投影する新しい技術ですが、顔に対する自然な表情や表現は、化粧として何千年も歴史があります」(浅井氏談)

 

「Intelのプロモーションの各プロジェクトは異なるテーマがありました。『Connected Colors』のテーマは、Intelが推進しているIoT(Internet of Things)のコンセプトワードであるconnected worldを元に表現を作りました。すべてが繋がった世界というのは2つの面があり、便利さや効率、調和と共生という良い面もありますが、運用規則と管理の必要性も見られます。ですので、テクノロジーの使い方を問いかけるメッセージを表現したくて、繋がっていくことがポジティブな意味を持つアート作品を作ることに決めました」

 

「テクノロジーという視点でいうと、動物も植物も昆虫もすべてDNAという同じ仕組みで存在して、それぞれが違う色を持っています。人間を含め自然界にあるいろいろな生命が持っている色をモチーフにして、それがつながっていく姿を表現しました」

浅井氏は、このIntelのプロジェクトを手掛ける以前にプロジェクションマッピングやバーチャルリアリティなどを手がけてきた。フェイスマッピングは、『OMOTE』というプライベートプロジェクトで最初に挑戦した後、日本のテレビ番組やミュージックビデオでもフェイスマッピングの制作も行った。

Video

2016年はじめ、「Connected Colors」という動く3Dグラフィックとプロジェクションマッピング、ライブパフォーマンスを組み合わせたプロジェクトを、ビジュアルデザインスタジオWOWが制作した。このビデオは、「Experience Amazing」というIntelのグローバル・プロモーションのためのもので、Intelがこのキャンペーンのために、世界中のイノベーターたちへアートワークの制作を依頼。そのアーティストの一人としてフェイスマッピングのプロジェクトを手がけてきた浅井宣通氏が選ばれたのだ。

 

WOWでクリエイティブ・ディレクターとテクニカルディレクターを勤める浅井氏に、今回ライブアクションとCGアニメーションについてお話しを聞いた。「フェイスマッピングは、動いている顔に動画を投影する新しい技術ですが、顔に対する自然な表情や表現は、化粧として何千年も歴史があります」(浅井氏談)

 

「Intelのプロモーションの各プロジェクトは異なるテーマがありました。『Connected Colors』のテーマは、Intelが推進しているIoT(Internet of Things)のコンセプトワードであるconnected worldを元に表現を作りました。すべてが繋がった世界というのは2つの面があり、便利さや効率、調和と共生という良い面もありますが、運用規則と管理の必要性も見られます。ですので、テクノロジーの使い方を問いかけるメッセージを表現したくて、繋がっていくことがポジティブな意味を持つアート作品を作ることに決めました」

 

「テクノロジーという視点でいうと、動物も植物も昆虫もすべてDNAという同じ仕組みで存在して、それぞれが違う色を持っています。人間を含め自然界にあるいろいろな生命が持っている色をモチーフにして、それがつながっていく姿を表現しました」

浅井氏は、このIntelのプロジェクトを手掛ける以前にプロジェクションマッピングやバーチャルリアリティなどを手がけてきた。フェイスマッピングは、『OMOTE』というプライベートプロジェクトで最初に挑戦した後、日本のテレビ番組やミュージックビデオでもフェイスマッピングの制作も行った。

Previous slide
Next slide