MAXON | 3D for the world

放送業界でのCinema 4D

毎日目にしている3DはC4D製です。

テレビのモーショングラフィックスは、あなたの目を奪い、情報をすばやく伝える必要があり、モーショングラフィックス・アーティストは、短い納期でギリギリまで修正が求められています。Cinema 4Dは、他にない直感的なワークフローでロゴを生き生きとさせ、すばらしいモーショングラフィックスを生み出します。あらゆる工程でのAdobe PhotoshopとIllustrator、After Effectsとの連携とApple Final Cutと Motionへの書き出しにも対応しています。

一つのパッケージに必要なものをすべて用意

MoGraph

Cinema 4DのMoGraphは、フライングロゴからアブストラクトを簡単に作成で入るツールとして、モーショングラフィックス・アーティストが熱狂しているツールです。オブジェクトを多数複製やテキストを押し出しがわずか数クリックできできます。エフェクタを追加、組み合わせることで、キーフレームなしでモーションなどを加えられます。Cinema 4Dに完全に統合されているので、すばやく簡単なワークフローになっています。そして、すべての機能は、完全にインタラクティブで非破壊です。

より詳しく

アニメーション

キーフレームの設定は、パラメータの横にあるアニメーションドットをクリックするか、自動キーフレームを使うだけ。アニメーションの微調整も3Dビューの下にあるパラースライダを使ったり、複数開けるタイムラインウインドウで、ドープシートでタイミングやアニメーションカーブを調整できます。モーショントラックを使えば、グループアニメーションをクリップとしてノンリニアで合成できます。Cinema 4Dのすばやいアニメーションシステムは、モーションを簡単に付けられます。

より詳しく

バーチャルスタジオとの連携

Cinema 4Dは、優れた出力パイプラインが提供しており、作成したモーショングラフィックスは合成用にAdobe After EffectsやApple Motionに書き出したり、VizRTとVentuz用にリアルタイム再生できるグラフィックの作成もできます。 アーティストは、C4Dプロジェクトを直接VizArtistとVentuz Designerに読み込んで、ライブリンクを利用して、Cinema 4Dのシーンを修正するとその結果をリアルタイムでグラフィックシステムに確認できます。

より詳しく

ショーリール