建築でのCinema 4D

新しいリアルを建設

建築では、あなたの創造性を元に鉄、石材を使います。ビジョンを売ることは決して簡単ではありません。しかし、Cinema 4Dの特別なワークフローを使って、あなたのコンセプトにダイナミックなイメージとアニメーションで命を与えます。図面やスケッチを再現するSketch and Toonレンダリングからフォトリアルなレンダリングまであなたの建築を実現します。

ボロノイ分割


リアルな石畳や石壁も、ボロノイ分割を使えば無限のバリエーションが作成できます。さらにカスタムのソースを使うことで精密なパターンも作成可能。ディテール付加を使えば、分割されたオブジェクトのエッジを凸凹にすることで、これまで以上のリアルさでレンダリングできるようになります。

カスタムの分割ソース

Voronoi Detailing

ビューポート

作業中もリッチなグラフィックで

さまざまな高度なエフェクトが使えるCinema 4Dのリアルタイムビューポートを使って、プレビュレンダリングをクライアントチェック用から場合によっては最終出力としてわずか数分で出力することもできます。

Video

MoGraph

Cinema 4DのMoGraphツールは、数千のオブジェクトの複製も簡単にできます。スタジアムに8万人の観客をいる様子やリアルな植物で埋まった高原も作成できます。

 

MoGrpahは、自動で配置するだけでなく、森をを作成してもレンダーインスタンスを使うことでコンピュータが処理できなくなるようなことはありません。

Video

カラーバリエーション

Cinema 4Dのわかりやすく強力なマテリアルシステムにより、あらゆるバリエーションが作成できます。カラーバリエーションシェーダは、いろいろな色の組み合わせを持ったリアルな岩や石、スラブ、葉っぱのシーンに最適です。個々のオブジェクトが微妙に色が変わることにより、シーンはより複雑な仕上がりになります。たった一つのシェーダで、現実世界のような複雑なカラーバリエーションが作成できます。

ポリゴンリダクション

 


非破壊型ポリゴンリダクションツールはジェネレータとして機能し、ポリゴン数が多い複雑なアセットをすばやくリダクションを行います。しかも、ディテールを保持する領域を制御できます。 このメリットですが、ビューポートのパフォーマンスが向上し、レンダリング時間も短縮され、メモリ使用量が減少しながらも、レンダリング品質にほとんど影響しません。

Video

Projection Man

 

写真を3Dアニメーションに変えることで時間を節約できます。 リノベーションされた建物の変更(窓やパーツの追加)や造園計画、都市景観の魅力的な背景アニメーションを作成する場合は、Projection Manが役に立ちます。これはハリウッドが実写と区別できない映画の背景の作成に使用したツールで、シンプルな3Dジオメトリに写真を投影できます。 Projection Manは、Adobe Photoshopなどの使い慣れたプログラムで作業しながら、同じテクノロジにアクセスできます。

Video
Video
Previous slide
Next slide

シームレスな連携

NemetschekグループであるCinema 4Dは、主要建築ソフトウェアであるVectorworks、Archicad、AllPlanとの連携が強力です。これらのNemetschekのアプリケーションは、設計したデザインをネイティブのCinema 4Dファイルに直接書き出せます。だから、簡単に図面をすばらしいフォトリアルなレンダリングが可能。他にも、SketchupのネイティブファイルやDWG、DXFファイルも読み込めるので、あなたのプランがどんなもので作られていても気にすることなく、パイプラインに組み込めます。

追加のツール

上記で紹介しているツールは、Cinema 4Dが建築ビジュアライゼーション向けに提供している機能のほんの一部です。Cinema 4Dの良さをさらにするには、機能紹介ページをご覧ください。

ポートフォリオ

Previous slide
Next slide