MAXON | 3D for the world

テクニカルビジュアライゼーションでのCinema 4D

イメージを科学的なビジュアルで

Cinema 4Dは、メディカルイラストレーションにとって血液のようなもので、テクニカルビジュアライゼーションにとって最高の選択です。MoGraphツールは、放送用グラフィックのアブストラクトなグラックだけでなく、複雑な細胞の作成にも便利です。Cinema 4Dのプロシージャルノイズや他のシェーダは、原子の作成に使えます。モデルはメール単位からマイクロメールのサイズまで作成できるので、ぜひCinema 4Dの直感的なワークフローと堅牢な安定性をお楽しみください。

すべて必要なものが一つのパッケージに

シームレスは連携

CADモデルのインポートは、業界標準のDWBとIGESで読み込んだり、ePMVプラグインを使ってProtein Data Bankのデータを読み込んで操作できます。PythonとC++ SDKを利用してCinema 4Dを拡張して、対応していないフォーマットを開発して、テクニカルイラストレーション用にジオメトリやアニメーションデータを読み込むこともできます。

より詳しく

テクニカルモデリング

Cinema 4Dのスタップシステムは、オブジェクトやポイントポイントを簡単に配置できます。カスタムガイドラインに合わせてアイテムを正確に配置したり、既存のジオメトリの作業平面に合わせることできます。Cinema 4Dは実サイズの単位系をサポートしており、異なるプロジェクトを統合した場合でもちゃんと考慮されます。だから、複雑なモデルもすばやく正確に作成できます。

より詳しく

MoGraph

放送用グラフィックを作るためのCinema 4DのMoGraphツールは、テクニカルイラストレーションでもすばやく直感的なワークフローとして働きます。MoGraphは、メディカルイラストレーションに欠かせない大量なオブジェクトの生成からプロシージャルのアニメーションの作成で行える重要な機能です。もし、詳細な機械を作る場合、MoGraphは、ネジやリベットなどをサーフェイスに沿って簡単に複製できます。

より詳しく

 

 

 

ポートフォリオ

Previous slide
Next slide