[Translate to Japanese:]

Maxon Cinema 4DのMoGraphツールが、アカデミー賞を受賞

モーショングラフィックスを革新させたソリューションが映画芸術科学アカデミーの科学芸術賞に認定

Cinema 4DのMoGraphモジュールが、今年の映画科学技術アカデミーのアカデミー賞科学技術賞の一つとして受賞されました。授与された賞は、「映画制作のプロセスに重要な価値をもたらす実証済みの実績が上げている」として、技術的な成果が認められました。

アカデミーは、『映画のタイトルデザインと架空ユーザーインターフェイスに使用される3Dグラフィックスのアニメーションを作成するモーションデザイナーに、高速かつ非破壊で直感的なワークフローを提供している』としてMoGraphツールの初期デザインと開発を行ったMaxonの開発者であるPer-Anders Edwardsを認めました。

「Maxonは、最高の輝かしい才能を促したことを誇りに思います。私どもはPerへお祝いを述べると共に、Cinema 4DのMoGraphツールに対する画期的な仕事に感謝しています。それは会社全体への貢献だけではく、この信じられない表彰がそれを認めています。弊社の目標は、我々のソフトウェアを継続的に革新させ、複雑なビジュアルエフェクトパイプラインにおいて、アーティストが直面する問題を解決することです。MoGraphはまさにその哲学を実践しています」(最高経営責任者のDavid McGavran談) 

アカデミーの科学技術賞は、映画に対する発見と革新を重要かつ継続的に貢献をした男性、女性および企業を表彰します。2019年2月9日土曜日、ビバリーヒルズのビバリーウィルシャーで、アカデミーの科学技術賞の年次プレゼンテーションにおいて、9つの技術成果に対して代表する27人の受賞者が表彰されます。技術賞のプレゼンテーションは、アカデミー賞シーズンのハイライトとなっています。

アカデミーのリリースのリンク