MAXON、新CEOが就任

MAXON Computer GmbHにおいて、経営の変更が行われます。

フリードリッヒスドルフ、2018年7月4日 - Nemetschek Group社が100%所有するMAXON Computer GmbHで経営の変更が行われました。同社の創業者で、マネージングディレクターを務めているUweBärtels、Harald Egel、Harald Schneiderの3名は、32年間勤務をもって退職しますが、相談役としての立場を維持します。

 MAXONの新CEOには、業界のエキスパートであるDavid McGavranが任命される予定です。この国際的に経験豊富なエグゼクティブは、メディア&エンターテインメント業界において、豊富な専門知識と大きなネットワークを持っており、過去20年にわたりAdobeで様々な役割を果たしてきた。彼のAdobe Systemでの最後の役職はプロフェッショナルオーディオとビデオエンジニアリングディレクターとして働いていました。Davidは、世界中の放送局、ポストプロダクション、映画編集者との豊富な経験を持っています。新たなリーダーシップの下で、MAXONは現在の市場および新市場での地位を強化します。

「私は、Adobe Systemsにおけるメディア&エンターテイメント業界での長年の経験をMAXONで活かし、さらなる成長に向けたステップを開始することを非常に楽しみにしています」(David McGavran談)

最高経営責任者でありマネージング・ディレクターのハラルド・エーゲル(Harald Egel)は、「32年前、私たち3人がMAXONを設立し、長年にわたり絶えず成長し成功を収めて、3D市場における世界で最も成功した企業の一つとして確立しました。今では、新しい世代へのバトンタッチするときがきました、今後数年でMAXONの成功事例を続けるにふさわしい後継者としてDavid McGavranを見つけられたことをうれしく思います。同時に、私たちは何年にもわたり卓越したサポートを与え、私たちを信頼してくれたすべての人に感謝の意を表したいと思います。