Cinema 4D Service Release 17 (SP3) 提供開始

このCinema 4D と BodyPaint 3D R17のサービスリリースは、全体的な安定性の向上、バグの修正、パフォーマンスの向上が行われているのでとすべてのR17ユーザーに強く推奨します。このリリースでは主にフォーマットの変換: Alembic、OBJ、FBXなどの改善、Houdini の連携もアップデートしてHoudini Engine Build 15.0.313で利用できるようになりました。キャラクタアニメーター向けにリグの最適化、ロックタグが角度にマイナス値が入力できるようになりました。このアップデートでは、マテリアルシステムやテイクマネージャ、モデリング、Team Render、Python SDK、カラー選択などCinema 4Dのいろいろな部分で約160の機能向上が行われています。

修正と改善のリストをご覧いただければ、Cinema 4DがCG業界で信頼できるツールをする努力をしていることがご理解いただけるはずです。

このサービスリリースにおけるすべての改善は、こちらでご覧いただけます。