食器や家具が動き出す

Cinema 4D Release 20の新機能は、f°am Studioの自主制作ショートフィルム「Influencers」の制作に使用されました。

ベルリンにあるf°am Studioは、ビジュアルトレンドとコマーシャル派生ので賞を受賞したアーティスト集団Zeitguisedのラボで、非常に緻密で前衛的なコンセプトで知られています。私たちは、ソフトウェアがリリースする前にf°am Studioのチームに対して、新しいCinema 4D version (R20)の新機能を使ってなにかできないか依頼しました。そうしてできたのが、日々使われる家庭用品が、突然動き出すショートフィルム「Influencers」です。テーブルでカップが踊りだし、キャドルはリズムに合わせて曲がる振り付けをはじめ、リビングの家具はプカプカと浮かびだすというもの。前衛音楽家のAntfood が、映像の色、形、動きを引き出すサウンドトラックを作成しました。

「Influencers」の制作中にf°am Studioのチームは、Cinema 4Dのデザイン指向のアプローチとアプリケーションの持つ簡単にアクセスできるクリエイティブなツールのおかげで、さまざまな形状やオブジェクトの物理特性に対して複雑なアイデアや実験を素早く簡単に視覚化しました。

いきいきと動くオブジェクトは、見るたびに新しい発見をができる魅力的な席を作り上げています。

これは、f°am StudioがCinema 4D Release 20を使った最初のプロジェクトで、ソフトウェアは彼らを魅了しました。「Cinema 4D R20に新しく搭載されたMoGraphのフィールドとボリューム化は、非常に強力で創造性を高い次元で表現できるように組み込まれています」

Cinema 4D Release 20の新機能について詳しい情報は、こちらの「R20の新機能」でご覧いただけます。

f°am Studio Website: www.foam.studio/