Adam Ruins Everything

Adam Conoverは、視覚効果の助けを借りて神話を暴く。

調査番組はある種のドラマチックですが、truTVのアダム・ルーインス・エブリシング(www.trutv.com/shows/adam-ruins-everything/index.html) は、調査コメディとして最も話題になっている。CollegeHumorのAdam Conoverが司会をする30分番組で、よくある誤解や傾向を調べて、それについて詳しい解説と暴露をしてくれる。

Patrickは、各番組のカスタムエフェクトやアニメーション、グラフィックスパッケージの作成について解説してくれた。

MAXON: どのようにして、VFXがアダム・ルーインス・エブリシングの中でも大きなパートになったのですか?
Patrick Longstreth: パイロットの段階から視覚効果は使われていたので、番組の標準となりました。私たちの仕事は、Adamと作家が脚本を完成してから始まります。そこからプロダクションディレクター、プロデューサー、部長が一緒になって各エピソードを1ページずつ見ていきます。こうした作業の初めから私たちが参加できるのは、とても幸せですね。解決策の提案や私自身の創造性を取り入れてもらえる機会があります。監督と一緒に行程を組み上げていくため、ストーリーを補完するVFXを取り入れられることが増えました。Adamが魔法のようにトイレから出てくる最適な方法や建物を爆発するのか崩れ落ちるのかを話し合ったりしました。

MAXON: プレビジュアライゼーションの行程を教えてください。
Longstreth: VFXの量が多いシーンでは、私はあらじめストーリーボードとアニマティックのプレビジュアライゼーションから始めます。私は、それをCinema 4Dで行いますが、正直あまり出来が良いものではありませんが、まあうまくいっています。たとえば、Adamが選挙について解説するエピソード(www.youtube.com/watch?v=Zd5rul6EdF0&t=9s)では、セットはCNNの選挙番組のようにしました。私たちは、Cinema 4Dでラフバージョンを作成して、そして監督と俳優は脚本を通して読むのです。

MAXON: 番組で、より高度なアニメーションやエフェクトも行いましたか?
Longstreth: アダム・ルーインスのショッピングモールの回(www.vimeo.com/208215338)がお気に入りです。彼は、ショッピングモールが栄養補助食品や眼鏡、アウトレットショップについて誤解を生んでいることを暴露しています。最終的なモールの崩壊について、Adamは「モールは死んでいる!」と言ってる後ろでモールが崩壊し始めます。私たちは、AdamとEmilyをグリーンバックで撮影して、実際のモールの映像をCinema 4D内で破壊したジオメトリ投影しました。新しいボロノイ分割ツールは、ランダムなヒビと破片の作成に使われました。手動で行うよりはるかに、優れていました。

MAXON: ショッピングモールの回に出てきた巨大なビタミン剤のシーンはどうやって作成しましたか?
Longstreth: ああ、Adamがヘルスストアと規制対象外のサプリについて話しているところ(www.vimeo.com/202821695)ですね。彼は大きなカプセル薬を抱きながらそこからいろんな変なものを引っ張り出しています。Adamが手にしているサプリは実際の小道具でしたので、CGのサプリは形と色、ライティングを合わせる必要がありました。サプリとAdamとそのゲストの動きを合わせる必要があったので、Cinema 4Dのダイナミクスを使いました。サプリにリジッドボディタグを適用して、衝突オブ

MAXON: 番組のインフォグラフィックはどのように作りましたか? たくさん使われていますよね?
Longstreth: 番組には、たくさんのインフォグラフィックがあります。Adamは、彼の理論と解説のすべてを統計とソースで補完したいので、大きな数字とグラフィックを映像にスーパーインポーズしたり、フルスクリーンのインフォグラフィックを作成します。 アダム・ルーインスのフットボールによる脳挫傷の回(www.youtube.com/watch?v=EdyLK0ZqFks)でインフォグラフィックを作成しました。

このアニメーションでは、頭蓋骨はヘルメットに守られていますが、脳は頭蓋骨の中で動いていることを説明しています。私たちは、フットボール選手の3D素材とリギングされた骨格をCinema 4D内で統合しました。フットボール選手同士がぶつかると、脳をジグルデフォーマを使って揺らしました。レントゲンのようなルックは、Cinema 4Dの標準のライティングを行い、After Effectsで反転させました。

MAXON: 新しいシーズンに向けて、VFXの制作の新しい方法は何か考えていますか?
Longstreth: ええ、もちろん。作家と監督は常に私たちに未知の領域を求めています。これまでのところ、Adamのドッペルゲンガー、高騰する絵画、パロディがなくなっていくリアリティ番組について議論しています。

これまで彼らから大胆なアイデアを聞かされるとドキドキしていましたが、今では私たちも成長しどんなものでも作ることができるようになったと思います。我々のVFXチームは、2Dアニメーションとデザインから、3Dエフェクトとコンポジットの幅広いスキルがあります。スタッフ一人一人が素晴らしい考えと挑戦する気概があります。

アート部門やカメラ、編集など素晴らしい人たちのサポートがあります。本当に働くのが楽しい場所で、こうした環境に出会え、協力できる機会が持てたことに非常に感謝しています。ある日、ビルの爆発を作成して、その次にサイバースペースを飛ぶ。それが私の夢の仕事です。

Previous slide
Next slide