2Dの裏技の秘密は3Dツール

中国語版のAdobe Cloudの最初のリリースのため、スタジオのNever Sit StillとLuxxは両社のスキルを組み合わせ、Cinema 4Dを使ってイラストのドラゴンに動きをつけました。

アニメーションは、AdobeのBrian Yapによって作成されたイラストを基にしています。 画像は非常に詳細で、プロジェクトの実現を担当したアーティストのMike Tosetto氏とTim Clapham氏は、このデザインのベクター変換は簡単な方法はないことを理解しました。

それでも、オリジナルの複雑な詳細なイラストは、最後の20秒のアニメーションのために手をつける必要がありました。 最初に、イラストはPhotoshopにインポートされ、龍は個々の要素に分解。「龍の頭、爪、体、特に体と顔の髪の毛の要素を別々に作ったので、Cinema 4Dに取り込めました。 私たちのアプローチは、体を複数の要素に分割して、それをCinema 4D内でサーフェイスに投影し、その間隙をクローンで埋めることにしました。 これは理論的には良いアイデアでしたが、結果的には滑らかではない、ガタガタで不規則な輪郭を持つ体でした」

 

MikeとTimはすぐにこのアプローチをやめ、別の方法をとりました。 「パペットツールを使って、Cinema 4Dにインポートし、サーフェイスに投影して、滑らかで平坦な龍の体を作成しました。 スプラインワープ機能を使いサーフェイスを動かすため、ジオメトリは十分細かくしました」

このアプローチなら、うまくいくことが分かったため、龍を必要に応じてアニメーション化するため、このサーフェイスを制御する精巧なリグが設定されました。「私たちは、XPressoを使った賢い解決方法として、スプラインのコントロールポイントをNullオブジェクトに接続することに。これにより、スプラインを簡単にコントロールするヌルオブジェクトにキーフレームを設定できるようになりました。これが使えないところでは、ポイントレベルアニメーションを使いました」

もう一つの課題は、体、顔の毛の表現でした。それらに独自のダイナミックな動きを与えることで、龍の動きをより際立たせ、印象的にする必要がありました。「私たちは、ジグルデフォーマを使いました。ジオメトリに頂点マップを追加して、毛先がより動きができようにしました。毛の生え際は、全体の動きを追従するようにしました。スプラインとスプラインラップのリグは、実際のアニメーションの制作に使用しました」

最後に、毛の生えた頭部が体に加えられました。 しかし、頭と髪は体の位置に影響を受けてしまう結果になりました。この問題を解決するために外部参照を使いました。 私たちは頭を外し、ジグルデフォーマの外部参照をそれぞれの位置にベイクしました。

雲と龍の炎も大きなハードルでした! 雲はイラストのスタイルを反映しなければならないため、個別のスプラインで作成して、後から結合されました。いくつかの雲は最終的に100のスプラインを使って作られました。アクティブなブラシストロークの効果を作るために、スプラインはポリゴンサーフェイスにブラシストロークとして投影され、各ストロークは多数複製を作成して、変形してスプラインに沿って動かすことで雲の独特の形を作ります。

龍の炎は、元のイラストを反映しなければなりませんでした。「これは従来のフレームごとのアニメーションを使用しました」とMike氏は思い出します。 「Adobe Illustratorで作成され絵をCinema 4Dにインポートし、サーフェイスに投影してカメラ位置と他の要素に合わせて動かしました。

最後に、シーンをレンダリングしましたが、単純な2Dのプロジェクトのために標準レンダラーを使用しすばやく完成しました。被写界深度のパスを各設定ごとにレンダリング。これを使い合成段階で素晴らしい被写界深度のを効果が加えられました。