Previous slide
Next slide

手間いらずのクマ

Aixsponzaは、ドイツのエネルギー会社であるThüringer Energie AGのために、価格に価格重視のクマを作成。

エネルギー価格上昇の時代の今、家庭用機器の省エネ機能や電力を無駄にしないことに注意を払う消費者が増えている。

Thüringer Energie AG (TEAG)の幸運のマスコットはちょっと変わっている。彼は怠け者でエネルギーの無駄遣いを全く気にしない。冷蔵庫のドアは開けっ放し、毛を乾かすのにドライヤーを2台も使う。TEAGの低料金のおかげで電気代が安いので、彼は電気代を気にする必要がないのだ。

このクマは、以前の印刷物のキャンペーン用に2Dでデザインされたものだった。2Dのクマは、決まったデザインで1ポーズしかなったため、3Dキャラクターに変更しなければならなかったが、これはこのプロジェクトの中でも大きな課題の一つだった。3Dモデルは、どんな姿勢でもあらゆるアングルから見られるようにする必要があったが、2Dのイラストは正面と横から描かれているだけで、しかもそれぞれ独立したものしかなった。

クライアントからは、クマに恐怖を感させることなくフレンドリーで、少々大変だがフワフワの毛と大きな体で、歯に危険を感じさせることがないことが求められた。Aixsponzaのチームは、印刷版の正面図のクマをリファレンスにして、3Dキャラクターを制作。すべてのプロモーションで一貫性のある見た目にした。顔、目、歯は、3Dで完全に再現する必要があった。

特に大変だったのクマの毛だ。クリエイティブチームは、最適なヘアガイドの数を見極めなければならなかった。ガイドは少なすぎても毛をとかす時に必要なコントロールができず、逆に多すぎると見えないガイドが間違った位置にきて見た目が悪くなる。

最初は、少ないガイドから始め、必要に応じてガイド追加ツールを使って手動で増やしていった。これにより、狙った効果を出すためにガイドの数を簡単に増やすことができた。縮れ、ねじれ、束ねるの機能を使って毛を調整が重ねられた。Cinema 4Dのビューポートの高速なフィードバックにより、プロセスを大幅にスピードアップされた。

ヘアツールは、Cinema 4Dに完全に統合されているため、Aixzponzaのチームはクマの毛のファイルのインポートとエクスポートに煩わされることはなかった。ドライヤーの送風をシミュレートするために、風オブジェクトをドライヤーオブジェクトを追加した。おかげでドライヤーの位置に合わせて正しく毛をなびかせることができた。

ワークフローを効率化するために、Aixsponzaはクマのメッシュに複数のヘアオブジェクトを使用。これにより複数のアーティストが同時にクマの毛を使った作業ができるようになった。さらに、3Dアーティストはクマの頭にクローズアップしている時に、体や腕、足のヘアオブジェクトを隠すことで、レンダリングを高速化できた。

ヘアツールは、このプロジェクトにとって重要な役割を果たしていたとAixsponzaのパートナー兼クリエイティブディレクターであるAchim August Tietzは説明した。「Cinema 4Dのヘアツールは、非常に強力で安定しXPressoとの強力な連携により、拡張性が高いことがわかりました」

クマのキャラクタオブジェクトのリグとアニメーションには、Advanced Bipedのテンプレートが使用された。クマの表情アニメーションにはポーズモーフが使い、クマに乗られたソファのクッションは手付けでアニメーションされた。クマが動いていた環境は、一部実写映像(バスルーム、リビング、キッチン)を使っており、残りは3Dでモデリングされた。

Cinema 4Dの汎用的な機能のおかげで、TEAGの広告に最適なソフトウェアとしてAixsponzaに選ばれた。「高速なビューポートのフィードバックとヘアツールと外部レンダーエンジンとの素晴らしい連携は非常に効率的でした」(Achim談)

Website Aixsponza
http://www.aixsponza.com/

Previous slide
Next slide