OnePlus不可能への挑戦

Cinema 4Dが、OnePlusの5TのスポットCMで現実とSFの境界をなくす

飽くなき追求。それは、スマートフォンメーカーであるOnePlusが2013年の創業以来のモットーにしており、顧客の希望に応じて製品の改善を継続することをミッションとしている。それがいかに真剣なモットーであるかは、OnePlus 5Tのプレミアで証明された。ほぼエッジレスのディスプレイ、モダンなデザイン、強力なプロセッサによる素晴らしいパフォーマンだったとプレスに絶賛された。

視覚的に印象的なスポットCMで、このフラッグシップ製品をプロモーションしたいと考えたOnePlusは、上海のモーションデザイナー兼ディレクターのSomeiに依頼した。彼とは、前回のプロジェクトで仕事を依頼し、全面的な信頼を持っていたためだ。SomeiにとってOnePlusの方向性は非常に単純だった。製品スローガンが含まれ、ドアをキービジュアルに使い、ジェットコースターのようなカメラモーションを作成することだった。

 

Someiのチームは、「新しい見解」というスローガンに触発され、ロボットを使ってスマートフォンを擬人化しました。薄暗い工場のホールで目覚めた後、ロボットは自由に大きい高さからの開いた、飛躍にスプリント。OnePlus は、アイデアに肯定的な応答を驚かソメイヨシノ: 「私は私たちのクライアントは、実行中のロボットと私たちの珍しい概念を承認した瞬間を決して忘れないだろう。

 

「新しいビュー」という製品スローガンにインスパイアされたSomeiのチームは、ロボットを使ってスマートフォンを擬人化した。薄暗い工場で目覚めたロボットは、走り出し自由へと飛び出していくというものだ。このアイデアにOnePlusがポジティブだったことにSomeiは驚いた。「クライアントが、ロボットが走るという変わったコンセプトを許可した瞬間が忘れられません」

作業を始める数ヶ月前、Someiは台湾のコンセプトデザイナーのMark Changと会議で出会い、彼と一緒に働きたいと強く思ってたという。Someiのチームはキャラクターの経験がなく、Changの経験がピッタリで、ロボットのデザインとモデリングは彼が手がけた。アーティストとの幅広いネットワークを持てたことは、このプロジェクトでの大きなメリットだった。「中国では、モーションアーティストの数は少なく、ほとんどのチームメンバーとはオンラインで連絡を取り合ってます」(Somei談)

 

OnePlusがコンセプトを承認した後、Someiは各ショットとカメラの視点を決めたアニマティックを作成した。次に、アートディレクターを務めたモーションデザイナーのZaoeyoが、工場のホール、ロボットの脱出ルート、そしてロボットが自由へと飛躍する街のデザインコンセプトの作成を始めた。プロセスを高速化するために、Zaoeyoは仮生成された3D モデルを使用し、シーンに配置。Cinema 4DのMoGraphクローナーとインスタンスオブジェクトが、多数のモデルをスピーディかつ簡単にシーンを埋めるために非常に役に立ったという。

 

Someiは、ロボットのアニメーションのために彼の友人のPeter Zhangを雇った。というのも、ZhangがCinema 4Dを持っていなかったため、彼のキャラクターアニメーションをロボットのモデルに適用する方法をチームで見つける必要があった。何度かテストを行ったあと、ZhangのモデルをTポーズにしたものをFBXでCinema 4Dに読み込む方法を選んだ。これにより、ZhangがFBXにエクスポートする前に個別のシーンのアニメーション付けが続けられ、アーティストがテクスチャ設定を始められるからだ。テクスチャ設定したモデルの設定には、モーション移植タグを使うことで簡単にアニメーションをモデルに適用することができた。

Someiは、Cinema 4Dのモーションシステムを使い、ロボットのアニメーションのタイミングを調整した。アニメーションは、Cinema 4Dにインポートされたあと各フレームごとにキーフーレムが設定されたベイクされた。Someiは、キー削減を使ってアニメーションカーブをシンプルにしたあと、オリジナルのカーブのスナップショットに合わせてカーブを調整した。これにより、Fカーブエディタアニメーションの編集が快適に行えるようになった。ライティングとファイナルレンダリングには、Octaneが使用された。

 

それはわずか数週間で完了させるという挑戦的なプロジェクトでありながら、SomeiはCinema 4Dは彼のチームが締め切り通りに納品の手助けになったと讃えた。「Cinema 4Dは安定性が高く、他のソフトウェアパッケージとの連携も優れ、私たちのような小さなチームでも、厳しい納期に簡単に対応できます」

 

クレジット
クリエイティブディレクション / メインアニメーション: Somei 孙世晟
アートディレクション/ シーンデザイン: Zaoeyo 曾潇霖
キャラクターデザイン: 張以得 (Mark Chang)
ライティング&レンダリング:Ray 侯瑞 / Chiu 何志超 / Lewis Orton 火人/Zaoeyo 曾潇霖/Somei 孙世晟
Houdini:Lewis Orton 火人
モデリング:林凯
キャラクターリギング: do or die 
キャラクターアニメーション: Peter /Somei 孙世晟
Special Thanks: Norin林铖
編集/ コンポジット /2D モーション:Somei 孙世晟
音楽&サウンドデザイン: 三十而立 Stanley Chen

Previous slide
Next slide