旅 = 目的地

Pause Fest 2018のオープニングタイトルは、視聴者を世界旅行へ誘う

Meleah Maynard

ニューヨークに拠点を置くアートディレクター、デザイナー、Toros Kose 氏は常に地図に興味を持っていました。その美しさに子供のように魅了されるのは、おそらく地図を構成する複雑な細部が彼の目を目を引いているのだと彼は考えている。Kose氏はいくつかのプロジェクトで地図を画像として使用してきたが、最近Pause Fest 2018のオープニングタイトルを作成を依頼されるまで、メインのビジュアルにはすることはなかった。

Pause Festの設立者George Hedon氏は、プロジェクトを彼に依頼したときに、Kose氏の地図に対する思い入れを知らなかった。彼は今年のテーマが「旅 = 目的地」だと説明し、Kose氏にそれを考慮してタイトルをデザインしてほしいと伝えた。KoseはMAXON Cinema 4DとOctane Renderを使用して、他の仕事の合間にタイトルに取り組むのに約7ヶ月を費やした。

Meleah Maynardは、Kose氏にわずか2分27秒で視聴者を世界中へ旅からPause Festのスピーカーの紹介まで行った独特のタイトルシーケンスを制作プロセスを聞いた。インタビューはこちら:


デザインはどのように考えましたか?
T.K.: テーマに沿っていること以外、ブリーフィングは非常にオープンでした。私はこのチャンスを与えられたことに本当に興奮し、会議を全力でしました。アイデアはたくさんあったので、Georgeに自分がやりたいことをPDFでプレゼンテーションを行いました。それはさまざまな種類の地図のリファレンスと日本のアーティストのNoriko Ambeの作品を加えました。彼女の作品は、驚きに満ち、最終的な作品にインスパイアされています。

また早い時期に私はT. S. Elliotの詩(Little Gidding)を見つけて、探検と旅のアイデアにフィットしました。私はそれを見て、それがプロジェクトの素晴らしいナレーションとして機能すると考えました。ただ、それは実現しませんでした。ジョージは既に独自の脚本を書いたコピーライターがいたからです。私たちは両方の脚本を録音しましたが、最終的に彼は独自の脚本を選択しました。これは本当にうまくいきました。

あなたのスタイルで表現していますが、どのようにしてこの作品に合わせたのですか?
T.K.: 私は自分の独特のスタイルを持っているとは思いません。それでも構いません。私のウェブサイトにある作品から、私がイメージのディテールにこだわっていることが分かると思います。私は近未来的なユーザーインターフェイスとホログラムを作るのが好きなんです。地図は何度か使用しました。特に、ゲームに関わったときのDestiny 鉄の章のプロジェクトは私がやった仕事の中でも最高のものの一つです。

あなたの経歴を教えてください? アートディレクションとデザインはどのようにして始めましたか?

T.K.: 私はトルコ人とクルド人の両親に持ちスウェーデンのストックホルムで生まれ育ちました。子供頃はかなりの絵を描き、カメラやコンピュータゲームにも興味を持っていました。私はウォルドルフの学校に1年生から高等学校に通いましたが、芸術や工作に焦点を置いていたので、私がやりたいこととは少し違いあったと思います。私の高校2年生の最後に、ビデオ編集ソフトウェアにのめり込み、ビデオゲームと新しい映画の独自の予告編を作りました。ビジオ編集ソフトには、アニメーションツールが少なかったので、After Effectsを使い始め、その後Cinema 4Dを見つけました。

私はSödertörn大学でメディア技術を学び始めましたが、私はストックホルムのデジタル技術に焦点を当てた職業学校であるハイパーアイランドでモーショングラフィックスを見つけ応募しました。2011年に私はモーショングラフィックスで学位を取得し、ニューヨークのTronic Studioで4ヶ月のインターンシップを行い、その後ドイツのハンブルクでインターンシップを行いました。 私はその時点でほとんどアニメーターでしたが、しばらくの間、私は少しのデザインの仕事もしました。チュートリアルやC4Dコミュニティから多くのことを学びました。2010年頃は特に盛んでした。


どのようにしてニューヨークに戻ったのですか?
T.K.: 私はニューヨーク恋しくなり、そこで恋人と会い彼女のことが恋しくなりました。だから私は戻ってきて、スーパーファッドで働き始めましたが、今はなくなりました。将来フリーランスになることを考えていましたが、予定よりもはやく実現しました。すべてがうまくいっているので、私は本当に幸運です。 彼女とは2012年に結婚しました。そして、私は2013年からフリーランスをしています。私は、Blur、Prodigal Pictures / Danny Yount、Gmunk Inc.、Imaginary Forces、Trollbäck、Perceptionといった素晴らしいスタジオと仕事をしています。以前は自宅で仕事をしていましたが、今は2014年にプロジェクトで出会った他の小さなアーティストチームと一緒にスタジオを借りています。ニューヨークの仕事はもちろん、東海岸や西海岸の仕事でも、みんなほとんど一人で仕事をしていますが、 より大きなプロジェクトでは、何人かと協力する人することがあります。


タイトル制作の工程でOKをもらったときのことを教えてください。
T.K.: 私がやった最初のことは、Cinema 4Dでプロシージャルのノイズテクスチャを使って地図のラインを生成しました。ノイズの画像をレンダリングし、それをAfter Effectsで特定の方法で処理することで、等高線のようにして、それがどのようなアニメーションに変換されるのか確認しました。George氏にも気に入ってもらえました。このシンプルな方法で同じノイズテクスチャを使用してフラットなラインとトポロジの両方を生成しました。幅が少しオフセットされていますが、彼らはお互いに連動しています。

3DトポロジをCinema 4Dでレンダリングした後、Octane Renderのテクスチャとしてノイズのシーケンスを使用して標高を作成しました。それはうまくいきましたが、大きな8Kテクスチャをレンダリングしなければならなかったので時間がかかりました。 だから、2秒間のノイズが必要な場合は、8Kテクスチャの48フレームレンダリングしてOctaneで使用するためにCinema 4Dに戻す必要がありました。

クレジット
Titles: Toros Kose
Music: Kodomo
Voice: Oheri Otobo
Writing: Jaime Sugiyama
Thanks to - George Hedon & Oleg Fedotov

Toros Köse氏は、4月26日に行われたFMXのカンファレンスでこのPause Festのトレーラーで行ったことについて話しました。彼のプレゼンテーションは録画されMAXON YouTube channelにて公開されるの予定です。

Previous slide
Next slide