ダミアン・スワイダスキー – アーティスト、クリエイター、そしてCinema 4Dユーザー

アーティストがアートを表現するのに適した媒体を見つけるのは難しい。ダミアン・スワイダスキーも例外ではなかった。Cinema 4Dを見つけるまでは。

ダミアンのキャリアは、紆余曲折だった。最初は、グラフィックデザインを勉強したいと思っていましたが、すぐにそれが正しい選択ではないことに気付いた。友人に劇場画家の職業を紹介された時、勉強したいと思っていた以上に多くの興味を呼び起こした。

劇場画家としての職業訓練の間に、ダミアンは画材やメディアの使い方を学び、絵画の分野がいかに限られているかを実感した。文字通り奥行きはありませんでした。彼は自分のアイデアの全てを生かしたいと考えた。家具デザイナーとしてのつかの間仕事の後、ダミアンは3Dを発見しました。いくつかの3Dアプリケーションを試したが、ほとんどは必要な機能を持っていないか、難しいことに気づいた。

ダミアンはCinema 4Dを試した後、それが自分が必要とする機能を持ち、学ぶのも簡単なアプリケーションであることを発見した。彼のアイデアは、バーチャルな彫刻から、実際のオブジェクトを作成だった。ただ、石膏や粘土、ブロンズの鋳物の彫刻の作成は高価で時間がかかることがわかった。ダミアンは、デザインを3Dプリントしたオブジェクトで制作して、最終的な仕上げを手作業にすることに決めた。

ダミアンは、Cinema 4Dのスカルプト機能を使った。これは実際の彫刻に非常に近いためだ。Cinema 4Dコンテンツライブラリにある基本的な図形を使用して、彫刻を作り上げる。ダミアンは、Cinema 4Dの3Dプリントツール(メッシュチェック)を使い3Dプリント用のモデルを準備した。不必要な開口部やスケールの調整、反転されたポリゴンをチェックした。

ダミアンのバーチャル彫刻は、3Dプリンタの最大プリントサイズをはるかに超えていたため、プリンタのソフトウェアを使いオブジェクトを細分化して、パーツを別々にプリントできるようにした。たとえば、ドローン彫刻はパーツごとにプリントされ、最終的にプリンタの出力可能なサイズよりもはるかに大きなオブジェクトを作成できた。ダミアンは2台同時にZotraxプリンタを使用してプリントを高速化した。

ダミアンにとって、最後の問題はプリントしたものの表面処理だった。FDM(溶融堆積材料)プリンタによる積層がはっきりと見えてしまうのだ。彼はヤスリがけして表面を滑らかにして塗装した。プリントしたものをよりよく見せるために、彼はCinema 4Dの独自の環境で、フォトリアリスティックなレンダリングを作成した。

ダミアンはCinema 4Dでの作品について次のように語った。「Cinema 4Dはロケット工学者でなくても、アイデアの実現に必要なツールを与えてくれました! すべての機能がとても直感的に使えます。機能の使い方や組み合わせなどに悩むことなく、プロジェクトに集中できます」

ダミアン・スワイダスキー Website:www.d-a-m-i-a-n.com

Previous slide
Next slide