スカンジナビア式のミニマリズムを3Dで

シンプル・イズ・ベストとよく言われますが、Cinema 4Dで制作されたToke Blicher Møllerのアニメーションがそれをよく表しています。

Toke BlicherMøllerは、デンマークに拠点を置く経験豊富な3Dアーティストです。彼は、他の多くの人と同じようにテレビや広告のプロジェクトを手がけていますが、彼は芸術的な表現として、別の方法を発見しました。ボランティアの作品の一部として社会的不公平、疎外性化および関連する話題に焦点を当てたアニメーションを作成しています。これを行うToke氏のモチベーションはシンプルで、他の人の手助けができるためです。彼は、商業と社会活動のためのツールとしてCinema 4Dを選びました。

Toke氏のポートフォリオは、興味深いプロジェクトで溢れていますが、それ以上に際立っているのは彼自身です。それらは、特徴的で簡潔な憂鬱を発散する典型的なスカンジナビア映画や書籍のToke氏のポートレートです。彼の作品の『One Road Two Worlds』は印象的な例で、デンマークの社会的・経済的不平等に関するドキュメンテーションのタイトルシーケンスとして作成され、映像の最初の1秒ですぐにわかります。 

Toke氏の作業は、3D形状にテクスチャを投影して行われます。これらは、複数のデプスレイヤを配置してとアニメーションさせて印象的な空間効果を作成し、煙、深度、ダイナミクスなどの微妙な効果で更に強調します。クリップの『The Invisible Man』は、その繊細さはメッセージと似ています。始めはスーパーヒーローものに思えますが、普段目をそらしているホームレスだとすぐに理解できます。

「私がこのようなプロジェクトを作成し続ける理由の1つは、私が作成する多くの商業プロジェクトよりも独特の色調が自分に合っているからです」とToke氏は説明します。 『Lines』や 『Square』などの彼の作品を見てみると、彼がコンセプトにムードやミニマリズムに対してどれほど忠実であるかがわかります。 彼の作品のまばらなのは、彼が一人で働いていることが主な原因です。 サウンドデザイナーとプロデューサーが信頼できる制作会社とオフィスを共有していますが、コンピュータにすべて詰め込むと彼は一匹狼になります。

Toke氏がCinema 4Dで作業するもう1つの理由は何でしょう。「Cinema 4Dは強力なだけでなく、私が求めることをすべて処理できることです。もし、Cinema 4Dの限界がきたら、私のワークフローにシームレスに統合できるX-Particlesのようなプラグインを使います。また、Cinema 4Dとの連携がすばらしいAfter Effectsもよく使います」

Toke Blicher Møllerは、経験豊富な3Dプロフェッショナルで、才能のあるアーティストです。 彼の非営利プロジェクトでは、洗練されたコンピュータグラフィックスを使用して、人々のさまざまな側面を使えることに長けています。


Toke Blicher Møllerのウェブサイト:
www.tbmstudio.dk/

Toke Blicher Møller at Vimeo:
vimeo.com/tbmstudio

Previous slide
Next slide