CGを使って船を浮かばせる

デザインスタジオ Street monkeyはCompareNI.com のブランド認知のアニメーションスロットをどのように作ったのでしょうか?

 
By Duncan Evans


CGを使うことにおける魅力のうちのひとつは、印象的で記憶に残るキャラクターやシーンの制作にとても効果的だということです。 CompareNITVとオンライン向けの30秒の広告を作ることを依頼したとき、それはただのアイディアでした。目的は独特のルックスを作ること、そして強いブランドの印象付けとウェブサイトへのトラフィックの増加や顧客の層を広げることを見込める映像を3DCGのキャラクターアニメーションで達成することでした 

その大きなチャレンジに Streetmonkeyのアニメーター / モーショングラフィックスデザイナーである Ian Lawrence氏が立ち向かいました。このプロジェクトは720pの映像をたった5週間で制作をしなければなりませんでした。

「主な技術的なチャレンジはキャラクター、海のシーン、アニメーションの制作、そしてこのプロジェクトの時間内にレンダリングを終えることでした」

Ian氏は言います。

ストーリーは、キャプテンRodと彼の信頼しているかもめの仲間にフィーチャーしています。顧客がオンラインで見積もりを出すとき、キャプテンはイギリスと北アイルランドの会社が提示する価格を網で捕らえるというもの。全体的なテクニカルな面での問題としては、漁網のクロスのダイナミクスの制作からそれぞれのフレームのレンダリング時間を15分以内に収めるためのライティングとレンダリングの設定を行うことでした。様々な問題の解決をシンプルで効率的に行わなければならなりませんでした。これは、締切直前の変更に対応するために必要でした。

最初は水のシミュレーションで、これは波を起こす必要がありたくさんのアニメーションを必要としました。Ian Lawrence 氏はどのようにしてこの問題を解決したのでしょうか。

「この広告の締め切りはほんとうにきつくて、水はフラットな平面に3つに分けた風モディファイアを適用して大きく波立たせました。その結果、海の動きはマンガっぽくになり、いい感じになりました。海のマテリアル上には、より詳細な動きを加えた変位ノイズと拡散マップもあります。シェーダのプロクシマルも、白い泡のエフェクトをかけるために、ノイズと合わせて使われました」

メインキャラクターのキャプテンは、帽子も歯もひげです。幸運にも、Cinema 4Dのすばらしいヘアモジュールで再現でき、見た目を効率的に作ることができました。このキャプテンのスタイリングと見た目の感じやアニメーションは、スケッチはStreetmonkeyの広告のクライアントのフィードバックから作られました。

「私たちは現代風の3Dアニメーションと古典的なアニメーションの中間のアニメーションにしたかったのです。たくましいキャラクターと手作り風な見た目でね」

アニメーションにおけるさらに複雑なエフェクトの一つは、見積もりを捕らえるために漁網を使うことでした。しかしCinema4Dならば、それを簡単にできてしまうとIan氏は言います。

「漁網のシーンで使ったクロスは、この網がアルファチャンネルの高解像度な網のテクスチャで一つのクロスにつけるという、かなりシンプルなセットアップでした。ネットのエッジでは、島の衝突オブジェクトの周りに落ちて、包む網なので、ダイナミクスシミュレーションが適用された浮いているオブジェクトを結びつけたのです。」

他にも、キャラクターツールがリグ制作のサポートしてくれ、複雑な設定ではなく、アニメーションのクリエイティブな部分にStreetmonkeyが集中できました。

基本的なGIのセットアップでは、フィジカルスカイと特定のところにハイライトを入れるためのGIに影響しないライトを慎重に配置しました。一番重要だったのは、レンダリング時間を抑えつつ、6台のMac Pros (2.66GHz, six-core Intel Xeon) で一晩で3~4シーンをレンダリングすることができ、毎日の更新をクライアントに提供できたことです。 

それぞれのシーンに様々なレンダーパスを作り、After Effectsでコンポジットしました。Ian氏は最終的な仕上げはどのように行われたか、こう説明します。

「私たちはアニメーション全体のタイミングやグレーディングの編集をして、いくつかエフェクトを適用しました。ボートが停止したときのコーヒーマグの蒸気や海の水しぶきを含みます。この二つはthe Reg Giant Particular Pluginで制作されました。Cinema 4Dから 3Dカメラとライトを書き出せるので簡単にでした。Streetmonkeyは時間制限以内にプロジェクトが終わる、その着実なスピードと使いやすさで10年以上クリエイティブのパイプラインとしてCinema4Dを使ってきました。

Duncan Evans フリーランスのジャーナリスト/フォトグラファー/著者

もっとStreetmonkeyの仕事が見たいならこちらへどうぞ: http://streetmonkey.tv/our-work/

Previous slide
Next slide