快楽の園

オランダのStudio Smakは、Cinema 4Dを使いルネサンスの画家ヒエロニムス・ボスのビジョンに命を与えた。

ルネサンスは間違いなく、ヨーロッパの芸術における最も重要な時代であり、画家、彫刻家、建築家、画家たちの驚くべき復興を目の当たりにできる。オランダの画家ヒエロニムス・ボスは、初期のルネサンスの巨匠の一人であり、その作品は未だに幻想的な存在として尊敬されている。 オランダのブレダにあるMOTI博物館では、ボスの生誕500周年を記念して、三連祭壇画の中心的存在である「快楽の園」を特別に取り上げることを決めた。Studio Smakは、 中世のこの傑作をデジタルで再現し、現代的な見た目のアニメーションを作り出す仕事を任されたのだ

「最初のステップは、元の絵の地形をデジタル環境に適応させることでした。 私たちは、シーンをたくさんの様々なクリーチャーで満たさなければならなかったので、広い空間が必要でした。元の絵は本当に密集していて、すべてのアイデアを実践した後、すぐに200を超えるフィギュアをすべてアニメーション化されなければなりませんでした!」

原則として、キャラクタをアニメーションするためにリグが使われるが、Studio Smakにはそうした作業が好きなスタッフはいなかった。このため、チームは苦労しないために、最終的にAdobeが提供するリグのサービスであるMixamoを採用した。 「私たちが作業していたキャラクターの数を考えると、本当に助かりました! モデルをアップロードして、リグが自動で追加されモーションキャプチャデータも追加されました。 それでキャラクタの準備は完了です」とStudio Smakチームで一緒だったTon MeijdamとThom Snelsを語った。 「キャラクタのさまざまなアニメーションの統合やループのつなぎ目をなくす作業は、Cinema 4Dで行われました」

「本当の挑戦は、元の絵画の視点と一致させることでした」(Thom談) ボスは、中世で一般的だった消失点のない絵画を描いていた。

そのため個々の要素は、お互いの上に積み重ねられているように見える。「アニメーションで、この透視効果を再現するために、平行透視のカメラを使いました。 各要素は個別にレンダリングされ、合成段階でそれに応じてスケールしました」(Thom談)

「私たちは、MOTI(Museum Of The Image)専用のイラストやアニメーションを作成し、Cinema 4Dの本で可能なすべてのテクニックを使いました。クローナーオブジェクトを個々のエレメントに乗算、エフェクタを使って作成した特定の動き、キャラクタツールを使ったキャラクタの全体の動きがあります」

「振り返ってみると、膨大な作業をこのプロジェクトで取り組まなければなりませんでしたが、Cinema 4Dはその期待を裏切ることはありませんでした」(Thom談)

Studio Smack Webサイト:
www.studiosmack.nl

Studio Smack の Facebook:
www.facebook.com/STUDIO-SMACK-287330375863/

 

Previous slide
Next slide