印象的な3Dの洞窟

ナショナルジオグラフィックは、ハイクオリティな写真レポートで知られていますが、現実世界の写真だけでは補えない部分をCinema 4Dが手助けをしています。

 

ナショナルジオグラフィック協会は、世界中を探検することを目的に設立され、1888年に初めて出版されて以来継続して発行している定期刊行物でよく知られています。

ナショナルジオグラフィックマガジンは地理に関連した全てのトピックの写真レポートを代表格として地位を確立しています。時々、複雑なトピックを扱うときに単純に写真のみで説明すると十分ではないので、説明にグラフィックスが必要になりますが、オリジナルの写真と同様に高い基準を維持しなければなりません。とてもユニークなケースだったのは中国のthe Gebihe の洞窟についてのレポートです。ミャオ洞窟は、レーザーでスキャンされ、Cinema 4D はナショナルジオグラフィックのマガジンとウェブサイト向けの壮大な情報グラフィックスの制作に使用されました。

ミャオ洞窟は852メートルの長さと190メートルの高さで、世界第二位の大きさです。この巨大な自然現象をレーザーでスキャンし、生成された約1500万の測定点はミャオ族の洞窟バーチャルで再現する基礎的な仮想クラスタを作るために使われました。ナショナルジオグラフィックの写真家Carsten Peterによってこのデータと写真撮影は行われ、ドイツのベルリンを拠点とするビジュアリゼーションや情報グラフィックスのスタジオ、ixtractでナショナルジオグラフィックマガジンのための洞窟の視覚化の仕事を行いました。

このプロジェクトの最初の挑戦は、提供されたデータを使って洞窟空間の構成するモデルを正確に作成することでした。このプロジェクト中でixtractチームが直面した壁を聞くと、Stefan Fichtelはこう語りました。

「レーザーの投影は、岩や巨石などの障害物によって完全に妨げられたので、データのギャップの処理をはじめにしなければなりませんでした。私たちはCinema 4D のXPressoを、柔軟性のある不透明な外皮のようなオブジェクトを周りに置いた変位オブジェクトをカスタマイズして使いました。このオブジェクトは、ジオメトリに適合し、後々プロジェクトで発生したライティングの問題も解決できました」

チームは洞窟の壁の色付けも行わなければなりませんでした。テクスチャは、必要な解像度にすると、データが大きすぎるためです。

「それが、質感をすべてCinema 4D のシェーダを使ってシミュレートした理由です。本物の洞窟の壁に見えるようにシェーダを調整するには、たくさんのクリエティビティを必要としました!アンチエイリアスは、課題であったちらつきがないように確認しながら、異なるチャンネルでの100以上のレイヤーを混ぜました」とStefan氏は言います。

このプロジェクトは、はじめは印刷向けの情報グラフィックスだけでしたが、結局ナショナルジオグラフィックのウェブサイト用に複雑なアニメーションも制作することになりました。このアニメーションはミャオ洞窟をバーチャルウォークスルーできます。あるポイントで、ウォークスルーは Carsten Perters による写真から構成されました。

「このアニメーション制作における問題は二つありました。一つは、写真が撮影されたポイントに位置しなければなりませんでした。あまりにも暗くなっていたため、これらがどこか遠征メンバーは私たちに場所を伝えることができませんでした。次の問題は、製作期間がとても短くて90秒のアニメーションのための約2400枚の画像をたった2週間でレンダリングしなければならなかったのです!」

モーションカメラは、写真のロケーションをカメラの動きにシームレスに組み合わせるためにアニメーションカメラを作るために使われました。レンダリング中に突然興味深いことがおこりました。

「プロジェクトの中盤で、iPad用の解像度を持ったインタラクティブバージョンは、結局フルHDでレンダリングしなければならないと知らされたのです。チームには時間内にレンダリングが完全に終わるかどうか知る術はありませんでした」

Stefan Fichtelはこの場面について、こう述べます。

「残念ながら私たちはグローバルイルミネーションなどの機能なしで行う必要があり、可能な限り少ない時間でレンダリングができるような方法を見つけなければなりませんでした。2400枚の画像からなる90秒のアニメーションの最初のバージョンだけのレンダリング時間は4.5日でした(60 GHz, 50 i7 cores とメモリが140 GB)。締め切りに間に合わせるために、リアリティを落とすことなく一つのフレームごとにレンダリング時間を12-15分減らさなければなりませんでした。しかし、私たちは幸運にも達成できました」

ixtractチームが到達できた結果は卓越し誇りに思っているとStefan Fichtel氏は言います

「ナショナルジオグラフィックスは世界中で外部スタジオは二つだけで、私たちはそのうちの一つなのです!」


プロから学ぶ

ixtractはスタジオとしてその地位を確立しており、Stefan FichtelはCinema 4D のスペシャリストとして名声があり、彼の能力は作品に反映されています。Stefanは、例えば既存の生産パイプラインにCinema 4D を取り入れたい企業のためのコンサルタントやトレーナーとしても働いています。Stefan氏は サイト上もしくは彼の施設でサービスを提供しています。クライアントで学びたいことを決めたり、Stefan氏が個人やグループ単位でカスタマイズしたコースを作ります。コースは初心者だけではなく上級者にも提供されていて、XPressoといった特殊なトピックもカバーされています。


The National Geographic supercave documentary:
www.nationalgeographic.com/china-caves/supercaves/

ixtrax Website
www.ixtract.de

Miao cave link:
www.behance.net/gallery/17171609/ixtract-Miao-Cave-Animation

Previous slide
Next slide