Marbloid – Cinema 4Dでテストプレイ

Marbloidは、3D玉転がしiPhoneおよびiPad用の3D玉転がしアドベンチャーゲームで、簡単に遊べ、昔のゲームっぽさを感じさせるスタイルのちょっとやみつきになる。

 

1984年にマーブルマッドネスというゲームがあった。このクラシックなゲームの目的は、障害物あるコースでビー玉をゴールを運ぶもので、ビー玉には慣性がかかり操作は難しい。このオリジナルのゲームに触発されたドイツのアーティストと開発者チームは、独自の革新的な大理石の迷路と無限のランナーミックスを組み合わせMarbloidを作り出した。

障害物コースの場合、ゲームは個々のレベル要素のプールから選択して、曲線、ジャンプ、ポータル、スピードパッドでエキサイティングなライブコースを生成する。Cinema 4Dの直感的なモデリングツールは、コースを設計する際に開発チームにとって主要なツールだった。例えば、サブディビジョンサーフェスオブジェクトは、巻き取りカーブの構築に使用され、Cinema 4D R18から導入されたスプラインツールと新しいナイフツールを使用して、レベルジオメトリを精密に作り上げた。

Previous slide
Next slide

レベル設計によるくり返し作業を可能な限り減らすため、チームはUnity3Dゲームエンジンへのエクスポートをできるだけなくすようにした。「Cinema 4DのBullet Physics Engineとプラグインを使いCinema 4Dでゲームコントローラーで球体を動かせるようにしました。これにより、レベルの新しい要素をすばやくデザインしてテストが可能になりました」とAndreas Gaschka氏は説明。「XPressoのエクスプレッションとPythonを少し使い、Unityプロジェクトに入力デザインを反映させました。私たちはCinema 4Dにスピードパッドなどの複雑なゲーム要素を実装して、レベルデザインのライブをテストまでできました!Cinema 4DはBullet Physicsを使用していますが、UnityがNVIDIA PhysXを使用しています。物理演算の結果はわずかに異なりますが、 さまざまなパラメータを微調整することで、Cinema 4DシミュレーションでもMarbloidと同じ感覚を適用することができました」とJohannes Deml氏は付け加えた。

Previous slide
Next slide

「私たちはMSA契約者でしたので、CineversityのSmart Exportが利用できました。これのおかげでCinema 4DからUnityにシームレスにエクスポートできました。また、Cinema 4Dは、Pythonが搭載されていたおかげで、レベル分けの準備のためのいくつかのスクリプトを開発しました。スクリプトは、スポーナーやパワーアップアイテム、絵文字、装飾オブジェクトをヌルオブジェクトに変換します。Unityで命名変換とUnityのインポートスクリプトを使って、割り当てられた時間内にヌルオブジェクトをUnity上でそれぞれの要素に置換えます」(Andreas Gaschka談)

ゲームのデザインに関して、チームはSupyrbのVaporwaveからインスパイアされている。Marbloidは新鮮でカラフルなゲーム世界を作り出すために大理石、桜、90年代のテクノロジーのコラージュを作成した

「Cinema 4Dのプロフェッショナルなツールとその柔軟性は、開発パイプラインの中核を担っていました。Cinema 4Dは、適切なソリューションをすばやく見つけるのに最適で、複雑な問題に対するソリューションを見つけることができます。 Cinema 4Dのおかげで、我々は技術の話をするのではなく、ゲームの魂に集中することができました。」

Marbloidは、AppleのApp Storeですでに配信されており、Android版は2019年春を予定している。

Marbloid website: marbloid.com