CINEMA 4D S24 の動作環境

  • Windows:
    Windows 10 64bit バージョン 1809以上
    SSE3をサポートするIntel 64ビットCPUまたはAMD 64ビットCPU
    8 GB RAM、16GB以上を推奨

  • macOS:
    macOS 10.14.6以上、macOS 10.15.7を推奨します。これは、いくつかのMetal機能強化によるパフォーマンス、安定性、およびビューポートとの操作性を向上させるためです。
    IntelベースのApple MacintoshまたはApple M1搭載のMac
    4 GB RAM、8 GB以上を推奨

  • Linuxのコマンドライン・レンダリング:
    CentOS 7, 64-bit
    Ubuntu 18.04 LTS, 64-bit

  • 要オンライン接続


推奨最低解像度 1920x1080

  • Windows:
    最低動作環境: NVIDIA Maxwell GPU(GeForce 900シリーズカード以上)、AMD Polaris(AMD GCN 4)以上(Radeon RX 400カード以上)、DirectX 12 with feature level 11.0をサポートするIntel Kaby Layke以降の機種
    最低動作するGPUドライバー: NVIDIA 461.40、AMD 21.3.2、Intel 27.20.100.9168

  • mac OS:
    Metal: macOS GPUFamily1 v3以上 (確認方法: Mac → システムレポート → グラフィックス/ディスプレイ)
    GPU:Appleが公式にサポートするハードウェアのみ(機能セットmacOS GPUFamily1 v3+)
    e-GPU:公式にサポートされたハードウェアのみ(https://support.apple.com/en-u... を参照)


Cinema 4Dは、DirectX 12機能レベル11.0、またはMetal GPUFamily1 v3対応のすべてのグラフィックスカードをサポートしていますが、AMDまたはNVIDIAのチップセットを搭載した専用の3Dグラフィックスカードの使用をお勧めします。Intel GPUの場合、統合型GPUがコンピュータの使用可能なRAMの半分を使用するため、16GBのRAMを推奨します。

Maxonは、個々のグラフィックスカードのDirectX 12、OpenCL、Metalモードへの対応については責任を負いません。利用可能なチップセット、オペレーティング・システム、ドライバー・バージョンの数や種類が多いため、すべてのシステムの互換性を保証することはできません。

グラフィックスカードのドライバーは、常に最新の公式ドライバーを使用してください(ベータ版は不可)。

新しいCinema 4Dリリースの発表時に使用可能なドライバーおよびOSバージョンとの製品の互換性をテストし、一般的なミッドレンジからハイエンドシステム、およびローエンド(最小要件)の基本的な範囲のシステムにフォーカスしています。さらに、ハードウェア、ドライバー、OSの更新がリリースされ次第、それらをフォローするように努めます。

それでも、このCinema 4Dバージョンの発表後に出荷された新しいハードウェアおよびオペレーティングシステムのサポートを保証することはできないことをご理解ください。

Maxon製品の技術仕様は常に変化しています。ソフトウェアの最新のデモバージョンを使用して、コンピューターでの互換性をテストしてください(特に、より複雑な構成がある場合)。