CINEMA 4D R23 の動作環境

  • Windows:
    Windows 10 64-bitで、SSE3をサポートしたIntelもしくはAMDの64-bit CPU

  • macOS: 10.14.6以降で、IntelベースのApple MacintoshまたはApple M1 Mac上で動作する64-bit CPU、4GB の空きメモリ.
    今後のリリースされるCinema 4DをMacで実行するには、少なくともmacOS 10.14とmacOS GPU Family 1_v3以上がサポートされたMacシステムが必要です。Metalの互換性は、macOSシステム情報のグラフィックスタブで確認することができます。
    macOS 10.15へのアップデートをお勧めします。最新のmacOSでは、パフォーマンス、安定性、ビューポートでのインタラクション向上のために、Metalでは多くの機能強化が行われています。

  • Linux:
    CentOS 7, 64bit
    Ubuntu 18.04 LTS, 64bit.

  • 要オンライン接続。
  • Windows:
    OpenGL 4.1以降をサポートするOpenGLグラフィックスカード(専用GPU推奨)
    制限事項: WindowsはAMDグラフィックスカード用のドライバが必要です。
    www.amd.com/en/support/kb/release-notes/rn-pro-win-20-q1-2

  • mac OS:
    OS: macOS 10.14以降
    Metal: macOS GPUFamily1 v3以降 (このMacについて → システム レポート → グラフィックス/ディスプレイ)
    GPU: Appleが公式にサポートしたハードウェア(macOS GPUFamily1 v3+の機能セット)
    e-GPU: 公式にサポートされたハードウェア (次を参照 https://support.apple.com/en-us/HT208544)

Cinema 4DはすべてのOpenGL 4.1またはMetal GPUFamily1 v3対応グラフィックスカードをサポートしていますが、AMDまたはNVIDIAチップセットを搭載した専用の3Dグラフィックスカードを使用することをお勧めします。

Maxonは、OpenGL、OpenCL、Metalモードと個々のグラフィックスカードの互換性について責任を負いません。利用可能なチップセットの数や種類、オペレーティングシステムやドライバのバージョンが多いため、すべてのシステムの互換性を保証するものではありません。

常に最新の公式グラフィックカードドライバ(ベータ版ではなく)を使用するようにしてください。

新しいCinema 4Dリリースの発表時に使用可能なドライバーおよびOSバージョンとの製品の互換性をテストし、一般的なミッドレンジからハイエンドシステム、およびローエンド(最小要件)の基本的な範囲のシステムにフォーカスしています。さらに、ハードウェア、ドライバー、OSの更新がリリースされ次第、それらをフォローするように努めます。

それでも、このCinema 4Dバージョンの発表後に出荷された新しいハードウェアおよびオペレーティングシステムのサポートを保証することはできないことをご理解ください。

Maxon製品の技術仕様は常に変化しています。ソフトウェアの最新のデモバージョンを使用して、コンピューターでの互換性をテストしてください(特に、より複雑な構成がある場合)。