VFX Suiteに収録

Bang

After Effects用のカスタマイズ可能なボリュームメトリックなマズルフラッシュ

新機能

Bang

新機能

Bang がVFX Suiteに加わりました。前回の公開バージョンからいくつかの改良を加え、ビジュアルクオリティとユーザーエクスペリエンスの両方を向上させました。


銃のワイヤーフレームのオーバーレイを追加し、正確な位置とスケールを実現しました。ヒートブラーは、すべてのショットの後に熱の歪みの波を追加します。さらに、人気のオプティカル・グローも追加されています。


合成は完全に32ビットリニアカラースペースで行われるようになりました。インターフェースも最適化され、フラッシュの配置がこれまで以上に簡単です。

      Bang

      カスタマイズ可能な3Dマズルフラッシュ

      Bangは、リアルまたはスタイライズされた3Dの銃のマズルフラッシュエフェクトを作成するためのAfter Effectsプラグインです。直感的なシェイプコントロールを使って完璧なマズルフラッシュを簡単に作成したり、多数のプリセットが用意されており、星型の花びらでフラッシュを作成したり、グローやスパークを追加することもできます。色、明るさ、フォールオフ、インタラクティブライトを調整して、映像に完璧にマッチさせることができます。

          Bang

          配置も簡単

          Bangの3Dパーティクルシステムは、After Effectsのコンプカメラを考慮して、どの角度からでも見られるユニークなフラッシュをレンダリングします。銃身の位置、照準、カメラへの方向、カメラからの方向を簡単に定義できます。マズルフラッシュのロールとスケールを簡単に調整できます。

              Bang

              インタラクティブなリライト

              俳優や環境を照らす明るいマズルフラッシュの光を自動的にシミュレートするので、個別に調整する必要がありません。

                  Bang

                  キーフレームでトリガー

                  Bangでは、それぞれのマズルフラッシュを1つのエフェクトトラックのキーフレームで制御します。

                      Bang

                      マズルフラッシュのプリセット

                      銃によっては、補正器やブレーキ、フラッシュハイダーなどが装備されているものもあります。これらは、反動や銃口の動きを少なくするために、排出されたガスを再循環させるように設計されています。補正器の穴の数によって、マズルフラッシュの吹き出しの数が決まります。Bangでは、武器に合わせて吹き出しをカスタマイズできます。

                          Bang

                          フラッシュのタイミング

                          本物の銃器のマズルフラッシュは、爆発している間のランダムなタイミングで1フレームに収められます。そのため、カメラに収められた本物の閃光は、シャッターが開いていたタイミングによって形や表情が異なります。

                          Bangでは、ユーザーは閃光の経過と経過のランダム化をコントロールすることができ、このルックを完全にコントロールすることができます。

                              Bang

                              プリセット

                              Bangにはカスタマイズ可能なプリセットが用意されており、すぐに使い始めることができます。以下のような有名な銃器のプリセットが用意されています。45マグナム、一般的な9mmピストル、サイレンサー付きピストル、M16A1 "Des/Troy"、M4 5-Petal、一般的なアサルトライフル、ミニガン、エレクトロなどです。

                                  Bang

                                  リソース

                                  OSのシステム要件や互換性に関する情報をお探しですか?