Universeのパート

Progresso

さまざまなスタイルのアニメーション付きプログレスバーを生成できます。

Progresso

使い方

モーショングラフィックス、ヘッドアップディスプレイ、インフォグラフィックなどに使用できる、さまざまなタイプのアニメーションプログレスバーやチャートを生成できます。入門チュートリアルを見る

      Progresso

      作成

      チャートタイプは、棒グラフ、円弧メーター、円グラフ、メモリバーの4種類から選択できます。数値やアニメーションを維持したまま、グラフの種類を簡単に変更できます。

          Progresso

          カスタマイズ

          Progresso にはたくさんのオプションとコントロールがあります。様々なカラーパレットから選ぶことも、自分でデザインすることもできます。チャートのスタイル、テキスト、数字、セグメント、マーカーなど、さまざまなカスタマイズが可能です。チャートやプログレスバーの開始値と終了値を選択することで、11段階まで上げることもできます。

              Progresso

              アニメーション

              プログレスバーは進歩しなければならない、そうですよね?プログレスバーの最初から最後までを簡単にアニメーション化できます。2つのキーフレームで作業が完了しますが、エクスプレッション(After Effectsのみ)を使用して、ランダムまたは変動する進行を行うこともできます。これはヘッドアップディスプレイやダッシュボードに最適です。

                  Progresso

                  プリセット

                  Progressoには、プログレスバーやチャートを素早くフォーマットするための、完全にカスタマイズ可能な39のプリセットが含まれています。