配置ツール

次世代のシーン構築

Cinema 4Dの配置ツールは、シーン内にオブジェクトを配置するための直感的でパワフルなツールで、クリエイティブに集中できます。背景の作成、小道具の追加、キットバッシュなど、オブジェクトを互いにドラッグ&ドロップしたり、サーフェイスにペイントしたり、ダイナミクスの助けを借りて思い通りの場所への配置が簡単にできます。

配置ツール

配置ツールでは、シーンにあるオブジェクトのサーフェイスに、別のオブジェクトを効率的かつ直感的に配置することができ、ハンドルを使って簡単に拡大・縮小・回転させることができます。また、アセットブラウザから直接オブジェクトを配置したり、インタラクティブにオブジェクトをコピーしてシーンに配置することも可能です。オブジェクトは、境界ボックスまたは指定された軸に沿って自動的に配置され、オプションでオフセットも設定できます。

スキャッターペン

スキャッターペンを使えば、ビュー内でドラッグするだけで、単一のオブジェクトや選択したオブジェクトを任意の面に簡単に散布できます。間隔や配置、各オブジェクトの頻度をコントロールしたり、配置されたオブジェクトの位置、回転、スケールを変化させることができます。ランダムな分布を描いたり、ストロークに沿って描いたりできます。数が多すぎたり、間違った場所に描いてしまっも問題ありません。除去ツールを使ってシーンをきれいにしたり、配置ツールを使ってオブジェクトを個別に移動できます。

ダイナミクス配置

ダイナミックプ配置は、直感的にオブジェクトをシーンに配置するための究極のツールで、高性能なダイナミクスによりオブジェクト同士の実際の衝突を実現します。ダイナミック配置ツールは、Cinema 4Dの物理シミュレーションの力を借りて、オブジェクトをまとまった状態にしたり、オブジェクトの表面に自然に落としたりすることができます。簡略化されたプロキシ・ジオメトリが自動的に生成され、高速で正確なダイナミクスを実現します。

S24の新機能とアップデートの全リストを確認